第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)
レスリング
概要・説明
オリンピックでの実施スタイル

男子フリースタイル、男子グレコローマン、女子の3スタイル。男子フリースタイルと女子は同じルールで、全身のどこを攻め、どこを使って守ってもいいスタイル。男子グレコローマンは、上半身の攻防のみで戦うスタイル。脚を使って攻撃したり、守ったりすることは禁止されている。

試合時間・勝敗の決定

 試合時間は2分間3ピリオドで、ピリオド間のインターバルは30秒。各ピリオドで勝敗を決め、2ピリオドを勝った選手が試合の勝者となる。男子グレコローマンの場合は、スタンド・レスリングとグラウンド・レスリングによって試合が進行する。各ピリオドの最初の1分30秒がスタンド・レスリング、続く30秒がグラウンド・レスリング。

ただし、フォール(相手の両肩をマットに1秒間つけること)が決まった場合は、どんなシチュエーションであってもフォールした選手が試合の勝者となる。また、試合を通じて警告(コーション)を計3度受けた場合も、その段階で警告失格で負けとなる。

各ピリオドの勝者の決定

 各ピリオドはポイントの多寡による判定等によって勝敗が決まる。ポイントは技ごとに1点、2点、3点、5点と分かれており、3審判(レフェリー、ジャッジ、チャーマン)のうち2審判の同意で決定される。

 フォール、あるいは3度の警告のないまま2分間のピリオドが終了した場合、ポイントの多い選手がそのピリオドの勝者となる。ただし、①6点差がついた時、②5点の技を決めた時、③3点の技を2度決めた時、はテクニカルフォールとなり、その段階でピリオドが終了する。

 同点で2分間のピリオドが終了した場合、下記の方法によって勝者を決める。
①相手に警告を与えていた選手がいた場合、その選手が勝者。
②警告の数が同じ場合は、ビッグポイントの多い選手が勝者。
③ビッグポイント、警告によるポイント数が同じ場合は、最後のポイントを取った方が勝者

 0-0で2分間のピリオドが終了した場合、クリンチと呼ばれる体勢から試合を再開し、最大で30秒の延長戦を行って勝者を決める(フリースタイルのみ。グレコローマンではありえないケース)。クリンチは、ボールピックアップによって、シングレットの色と同じボールの出た選手が攻撃権を獲得。相手の右足か左足を指定し、片足へのタックル状態から試合を再開。ポイントを取った選手がピリオドの勝者となる。攻撃側の選手が30秒の間にポイントを取ることができなかった場合は、防御側の選手が1点を獲得し、ピリオドの勝者となる。

3スタイル共通のルール

・あらゆる打撃技、関節技、かみつき、指を折り曲げる等は反則。

・直径9メートルの円形試合場から足を踏み出した場合は1点を失う。明らかに逃げて飛び出した場合は「場外逃避」という警告(コーション)が課せられたうえで、相手選手に1点が入る。逆に、場外へ押し出すことのみを目的とした攻撃(相撲の突き・押しのような技)を仕掛けた場合は、仕掛けた側の反則となり、その技は無効となるか、相手選手に1点が入る場合がある。

・場外へ飛び出さなくとも、相手の攻撃から逃げ回っている場合には、「技術回避」という警告(コーション)が課せられたうえで、相手選手に1点が入る。

・警告には、上記のほか、グレコローマンで脚を使って技を防いだ場合、グレコローマンのグラウンドにおける試合再開時のフライングなどがある。

1 2