東日本大震災復興支援 JOC「がんばれ!ニッポン!」プロジェクト
第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ)視察団

5.視察団派遣に応援してくれた方々へメッセージ

このオリンピック視察で学んだこと感じたことをスケートだけでなく日々の生活や行動につなげ、いつか選手としてオリンピックに参加し誰かの目標となる存在になれるようこれからの競技生活を頑張っていきたいと思います。視察を応援してくださった皆さん、黒岩さん、JOCのスタッフの皆さんに心から感謝します。


色々な多くの人たちに支えられ、お世話になって私は生きているんだという事を学びました。この経験をスケートやこれからの将来に生かして、日本代表としての視察団の誇りを持って、諦めず、堂々と恥ずかしくないよう努力していきたいと思います。


今回の経験は僕の貴重な財産となりました。将来、自分がオリンピアンになり、日本そして世界中の皆さんに感動を届けられるようになります!!僕の将来に期待して下さい!!


視察団派遣を応援してくれた方々にとても感謝しています。その応援に応えられるよう、感動=真剣、ということを忘れずに行動します。


視察団として連れて行っていただいてとても感謝しています。僕の人生の記憶に一生残ると思います。僕の将来の夢は、プロのアイスホッケー選手になることなので、視察団としての経験を役立てて頑張りたいと思います。


ソチに行ってくじけずいられたのは、家族や友人の支えがあったからです。ありがとうございました。一生に一度の体験ができたので、学校のみんなやたくさんの人に伝えていきたいです。


将来、オリンピックを視察する側ではなく視察される側になりたいという大きな夢を持つことができました。JOCの皆さん、黒岩団長をはじめ、視察をサポートしてくれた皆さんには心から感謝をしています。本当にありがとうございました。


僕はオリンピックに出られるような選手になりたいと思っています。これから、その目標を達成させるために、この経験を生かして努力をしていきたいと思います。


黒岩団長をはじめ、この企画に携わってくださったすべての人々に感謝するとともに、その期待に応えられるように人間的に成長していきたいと思います。


視察団を支えてくださった黒岩団長、スタッフの皆さん、そしてこの視察に行かせてくれた両親にはとても感謝しています。将来はオリンピックを目指して、東北、福島に元気を与えられるような選手になりたいので、今回の貴重な経験をしっかりと生かしてこれからも頑張りたいと思います。


すべての方の支えがあったからこそ、たくさんのことを学び、幸せな時間を過ごす事が出来たのだと思います。本当にありがとうございました。今後視察へ行く後輩の皆さんには、海外を楽しみながらも自分のプラスになるものを探してほしいです。


今回の視察で将来を考えられる良い経験をさせていただいたと思っています。視察を応援してくださった皆さん、黒岩さん、JOCのスタッフの皆さん、心から感謝します。本当にありがとうございました。



ページトップへ