イベント

HOMEイベントオリンピック教室

オリンピック教室

オリンピック教室
オリンピック教室

 オリンピック教室は、JOCがオリンピック・ムーブメントの普及・啓発活動として取り組んでいる事業の一つです。

 文部科学省が定める現行の学習指導要領では、中学校3年生の保健体育における体育理論の中で、「オリンピックや他の国際スポーツ大会等が国際親善や世界平和に大きな役割を果たしていること」という文化としてのスポーツやオリンピック・ムーブメントの意義について学習することが明示されています。

 これを受けてJOCは「オリンピズム(オリンピック精神)」や「オリンピックの価値(バリュー)」をより身近に感じてもらうため、その体現者であるオリンピアン(オリンピック出場選手)を先生として、体育理論の学習に向けた事前啓発を目的に中学校2年生を対象に授業形式で行う「オリンピック教室」を平成23年度から実施しています。平成29年度は46校152クラス、合計5,026名の生徒の皆さんがこの教室に参加。本事業開始から7年間の総参加者数は、15,000名を超えました。

 今年度も引き続き、オリンピアンが各地の中学校で授業を行います。

関連記事
平成23年度「オリンピック教室」の実施について
平成24年度「オリンピック教室」の実施について
平成25年度「オリンピック教室」の実施について
平成26年度「JOCオリンピック教室」がスタート
平成26年度「JOCオリンピック教室」 北区立稲付中学校で開催
平成27年度「JOCオリンピック教室」 高崎市立吉井西中学校で開催
平成28年度「JOCオリンピック教室」 千葉市立磯辺中学校で開催

平成30年度「オリンピック教室」実施校一覧

最新の実施校
実施校 実施日 オリンピアン 実施
クラス数
生徒数 レポート

山中湖村立山中湖中学校(山梨県)

5月18日(金) 佐藤久佳
(水泳/競泳)
2 49名

実施校一覧
実施校 実施日 オリンピアン 実施
クラス数
生徒数 レポート

三郷市立南中学校(埼玉県)
公式サイト

5月15日(火) 藤丸真世
(水泳/シンクロナイズドスイミング)
3 109名
鶴岡剣太郎
(スキー/スノーボード)

過去のオリンピック教室

JOC オリンピック教室開催実施要項(自治体用)

オリンピック教室開催実施要項について、下記PDFをダウンロードしてご確認下さい。


※不明な点、ご質問等については、本会事業部までお問合せ下さい。

競輪補助事業


ページトップへ