コラム/インタビュー

HOMEコラム/インタビューアスリートインタビューVOICE 〜from MY OLYMPIC
片山梨絵選手(自転車 女子マウンテンバイク)

VOICE 〜from MY OLYMPIC

片山梨絵選手(自転車 女子マウンテンバイク)

TOKYO FMをはじめJFN38局を結ぶ全国ネットで放送中の、JOC企画スポーツラジオ番組「MY OLYMPIC」
日本を代表するトップアスリートたちが毎週出演し、選手たちのリアルな鼓動をお送りしています。このコーナーでは、ラジオで放送された選手の声の一部をご紹介します。

片山梨絵選手
(写真提供:Tim De Waele/アフロ)

片山梨絵選手
(写真提供:アフロスポーツ)

――北京オリンピックに、自転車(マウンテンバイク)の日本代表として出場した片山選手。大学時代にマウンテンバイクと出会い、その魅力に惹かれていきました。週末に各地で開催されているレースに参加することが楽しみになっていく中で、将来について考えていたそうです。

片山選手 : 就職活動でのストレス解消のために自然と練習量も増えていき、成績も伸びました。卒業の年にエリートクラスの大会で優勝したことがあり、その時に周りの仲間がすごく喜んでくれたんです。
自転車で頑張った結果、周りの人を笑顔にできたことが嬉しくて、レースでたくさんの人を勇気づけたいなと思うようになりました。

――その後、2004年から全日本選手権を5連覇し、北京オリンピック出場を果たしましたが、結果は20位(日本人過去最高位)。納得のいくレースはできませんでした。

片山選手 : 結果だけ見ると自分の思うようなレースはできなかったし、オリンピック直後は「私のステージが終わっちゃった」と寂しく思っていました。
でもしばらくすると、オリンピックに取り組んでいた姿勢や、100%集中して自分の力を試したこと、協力してくれたみんなと歩んできた時間というのはかけがえのないものだし、他のレースでは味わえない“やりきった自信”が自分の中に生まれてきたんです。

――結果以上に得たものの大きさに気付いた時、新たなチャレンジ精神が芽生えてきました。

片山選手 : 私は負けず嫌いなので、負けるのが怖いから練習もするし、レースも一生懸命走るんです。でも、失敗しても一生懸命やったら絶対に何かが残るし、負けるのは決して恥ずかしいことじゃないというのをオリンピックで学びました。またオリンピックの時のように、ひとつの目標に向かって思いっきり挑戦してみたいと思っています。

(放送日 2009.3.16〜20)


JOC企画スポーツラジオ番組 MY OLYMPIC
月〜金曜日の朝、JFN系FMラジオ局 全国ネットにて好評放送中!


ページトップへ