コラム/インタビュー

VOICE 〜from MY OLYMPIC

岸川聖也選手(卓球)

TOKYO FMをはじめJFN38局を結ぶ全国ネットで放送中の、JOC企画スポーツラジオ番組「MY OLYMPIC」
日本を代表するトップアスリートたちが毎週出演し、選手たちのリアルな鼓動をお送りしています。このコーナーでは、ラジオで放送された選手の声の一部をご紹介します。

岸川聖也選手 写真提供:アフロスポーツ

―― 4年前の2004年、16歳でアテネオリンピックアジア最終予選に臨んだ岸川選手でしたが、惜しくもオリンピック出場はなりませんでした。今回の北京オリンピック出場にかける意気込みは、アテネの頃とは違ったそうです。

岸川選手 : 今回はめちゃくちゃ意識してましたね。自分のレベルがどんどん上がってきて、世界でやっていける実力も結構付いてきてるなと感じていました。日本代表としていろんな試合に出場させてもらって、「オリンピックに出たい!」と強く思うようになりました。

―― 視線の先にはすでに北京での戦いを見据えて練習に励んでいる岸川選手。この夏、北京オリンピックという大舞台を通じて、伝えたいことを聞いてみました。

岸川選手 : 最近は卓球の大会をテレビ放送する機会が増えたので、僕たちの試合を見てくれている人も多いと思います。そういう人をもっともっと増やして、卓球の面白さをわかってもらいたいです。

―― スポーツとしての卓球に注目されていることを自覚し、さらに「その楽しさを伝えたい」と語ってくれた岸川選手。北京オリンピックでの目標は?

岸川選手 : アジア大陸予選会でオリンピックに出場できると決まった時はすごく嬉しかったです。でもそこで満足しないで、オリンピックで勝てるように、絶対後悔しないようなプレイをできるようにしたいですね。オリンピックに出るだけで満足していると、本番では勝てない気がします。応援してくれる人がいるっていうのはすごく力をもらえるので、是非応援してもらいたいです。

―― 「絶対後悔しないようなプレイをしたい」、そう語ってくれた岸川選手。大きなエールを送りましょう。

(放送日 2008.5.19〜23)

JOC企画スポーツラジオ番組 MY OLYMPIC
月〜金曜日の朝、JFN系FMラジオ局 全国ネットにて好評放送中!


ページトップへ