コラム/インタビュー

冬季オリンピックの歴史

vol.3 冬季オリンピックを目指した日本代表選手団

前編後編

スケートの国内普及と冬季オリンピックへの挑戦

アルペン種目の参加は、残念ながら戦後に行われた第6回冬季大会(1952年/オスロ)になってからです。
スケートの参加は第3回大会からです。スケートを初めて日本人が滑ったのは、1891(明治24)年というのが定説です。この年の春、海外留学から帰国した新渡戸稲造氏が、クラーク博士の“少年よ大志を抱け”で有名になった札幌農学校に、3足のアメリカ製スケート靴を持ち帰りました。

学生たちはその冬を待ちかねるようにして、スケートを楽しみ始めましたが、なにしろ3足では足りず、靴屋に“本物”を真似て造らせた靴に、カスガイのようなものを取り付けたり、靴が高価なので、下駄の底にカスガイを付けた“下駄スケート”を使う者、アメリカに注文する者なども現れ、やがて同好者がクラブを結成するなどして、スケートは市民にまで広がっていきました。明治30年代には盛岡、仙台などで米人宣教師に指導を受けた若い人々が巣立ち、その1人の河久保子朗は、図形滑走を身につけ、やがてフィギュアスケートの日本でのパイオニアになりました。

時を前後して、スケートのメッカとなったのは長野県の諏訪。当時、冬に前面結氷する諏訪湖は、下駄スケートを履いた子どもたちの絶好の遊び場でした。これに目をつけた地元紙・南信日日新聞が1908(明治41)年に「諏訪湖1周スケート大会」を始めると、関東、関西の愛好者の注目を集め、フィギュアを含めたスケート普及が加速しました。その後、曲折を経て、1929(昭和4)年には全国を統一する組織「大日本スケート競技連盟」が誕生、オリンピックへの態勢ができたわけです。

話が前後しますが、アイスホッケーは1915(大正4)年に平沼亮三氏(実業家。後に横浜市長。日本体育協会会長などスポーツ界の要職を歴任)が、用具一式を輸入して諏訪湖スケート会に寄贈したことから始まりました。やがて北海道に根付き、1923(大正12)年には北大の本科×予科でわが国初の試合が行われ、翌年には諏訪で早大×旧制松本高校(現・信州大学)、慶応義塾大学×東京帝国大学の公式戦が実施され、発展への第1歩を記しました。

1932年第3回レークプラシッド冬季オリンピック競技大会開会式より。Photo:Getty Images/AFLO

1932年第3回レークプラシッド冬季オリンピック競技大会開会式より。Photo:Getty Images/AFLO

第3回レークプラシッド冬季オリンピック(1932年)には、スケートから男子のスピード4選手、フィギュアの2選手と役員4名が、スキー(選手11名、役員1名)とともに参加しました。1929(昭和4)年に大日本スケート競技連盟が創立され、翌年の1月に全日本選手権を初めて開催してから、僅か3シーズン目のことで、スピードスケートは全員、予選敗退。フィギュアは老松一吉選手が9位、帯谷竜一選手が12位でした。

戦前の最後となった第4回冬季大会(1936年/ガルミッシュ・パルテンキルヘン)では、スピード500mで石原省三選手が4位となって、日本として初入賞。フィギュアでは小学校6年生で参加した稲田悦子選手が、27人中10位に入るなど、将来に希望をつなぐ収穫もありました。しかしスキー・スケート全体を通しては、世界との差を痛感させられることばかりで、以後は「世界に追いつけ」が、日本の合言葉となりました。

1936年第4回ガルミッシュ・パルテンキルヘン冬季オリンピック競技大会のスケートリンク。Photo:Getty Images/AFLO

1936年第4回ガルミッシュ・パルテンキルヘン冬季オリンピック競技大会のスケートリンク。
Photo:Getty Images/AFLO

1936年第4回ガルミッシュ・パルテンキルヘン冬季オリンピック競技大会閉会式より。Photo:Getty Images/AFLO

1936年第4回ガルミッシュ・パルテンキルヘン冬季オリンピック競技大会閉会式より。
Photo:Getty Images/AFLO

とはいえ、その合言葉を結実させるまでの道のりは長く、苦しいものでした。日中戦争など、国際情勢の悪化から、日本は1940(昭和15)年に開催が決まっていた冬の札幌大会と夏の東京大会を返上。第2次世界大戦終結後の1952(昭和27)年のオスロ冬季大会でオリンピックに復帰するまで、16年にわたるブランクを作ったからです。

前編:シベリア鉄道で、サンモリッツに向ったノルディック代表選手たち

vol.1 1924年シャモニー・モンブランで始まった 前編後編
vol.2 天候異変、アマチュア問題。冬季オリンピックが抱えたもうひとつの戦い 前編後編
vol.3 冬季オリンピックを目指した日本代表選手団 前編後編
vol.4 冬季オリンピックで活躍した日本選手たち 前編後編

オリンピック関連コンテンツ


ページトップへ