大会

第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)

ウエイトリフティング

概要・説明

競技の進行

(a)バーベルは1kg単位で増量される。
(b)選手をコールしてから試技の開始まで1分間が与えられる。1分経過後にバーベルが離床していなければその試技は失敗となる。但し、同じ競技者が連続して試技を行う場合は、2分間が与えられる。
(c)成功・失敗の判定は三人のレフリーが行い、それぞれのレフリーの判定は会場内に成功は白色のライトで、失敗は赤色のライトで表示される。試技の判定は白が2つ又は3つの時に成功となり、赤が2つ又は3つの時に失敗となる。
(d)競技会が競技規則どおりに行われているかを確認するため5人のジュリーが配置されている。ジュリー全員がレフリーの判定が正しくないと判断した時は判定を覆すことがある。
(e)各試技の後、スコアボードには自動的に次の重量が示される。成功の試技の後は1kgアップ、失敗の後は同重量。
(f)各試技の後、コーチは次の重量を申し出る。また第一試技の前、また試技と試技の間では、2回までの重量変更が認められる。与えられた時間が終了する30秒前に警告音として鳴らされるファイナルコールまでの間に次の重量を申し出ない場合は、自動で与えられた重量に従わなければならない。
 同じ競技者が連続で試技を行うため2分間が与えられた場合には、コールされてから最初の30秒以内に次の重量を申し出ないと、重量変更の機会を失うとともに、自動的に与えられた重量に従わなければならなくなる。
(g)重量変更の申し出がルール上認められるかどうかはウォーミングアップ場にいるチーフマーシャルが、テクニカルコントローラとともに確認する。

主な反則動作(抜粋)

 レフリーは反則動作が認められたら直ちに失敗の赤ボタンを押さなければならない。
(a)両足底以外の部分がプラットフォームに触れた場合。
(b)両腕の不均衡あるいは不完全な伸び、両腕を伸ばす間に一時停止が認められたり肘に曲げ伸ばしが認められた場合。
(c)拳上中、プラットフォームの外に足をついた場合。
(d)レフリーの合図前にバーベルを降ろした場合。
(e)レフリーの合図後にバーベルを肩より上から放った場合。
(f)両足の線と胴体の面とバーベルの線を平行にできなかった場合。
(g)バーベルを降ろした時、バーベルがプラットフォームの外に最初に触れた場合。
(h)スナッチにおいてバーが頭に触れた場合。
(i)C &ジャークにおいて大腿部や膝に肘や上腕が触れた場合。
(j)ジャークの前に故意にバーベルを揺らしその勢いで差し上げようとした場合。

オリンピック競技大会における順位の決定

(a)トータル(スナッチとC &ジャークのベスト重量の和)によって順位を決定する。
(b)オリンピックでは、スナッチを3本とも失敗すると競技会から除外される。
(c)階級がA・Bグループに分かれている場合は、分かれていないと仮定して順位を決定する。
(d)トータルの順位の決定には次の要素がある:
1.ベストトータル−高い方が上位。同じ場合は、
2.体重−軽い方が上位。同じ場合は、
3.C&ジャークのベスト重量−軽い方が上位。同じ場合は、
4.ベスト重量を出したC &ジャークの試技回数 − 少ない方が上位。同じ場合は、
5.その前の試技における重量−小さい方が上位。同じ場合は、
6.抽選番号−少ない方が上位。

世界記録の公認

 すべての階級でスナッチ、C &ジャーク、トータルのそれぞれにおいてシニア、ジュニア(20歳以下)、ユース(17歳以下)の世界記録が公認されている。ドーピングコントロールを受けないと新記録樹立は認められない。2名以上の選手が新記録を樹立した場合には、時間的に先にその記録を樹立した選手が新記録保持者となる。








ページトップへ