大会

第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)

バドミントン

概要・説明

バドミントン競技5種目

・男子シングルス:MS  ・女子シングルス:WS
・男子ダブルス:MD   ・女子ダブルス:WD  ・混合ダブルス:XD

競技方法

・MSエントリードロー数      38名(最大64名まで)
・WSエントリードロー数      38名(最大64名まで)
・MDエントリードロー数      32名(16組)
・WDエントリードロー数      32名(16組)
・XDエントリードロー数      32名(16組)

*選手定数  男子85〜87名   女子85〜87名   合計172名
 (複数の種目に選手が出場し、定数に満たない場合はシングルスを追加して調整をする。)

*グループリーグと決勝トーナメントの2つのステージに分けて行う。
 グループリーグ
 男女シングルス 16グループ 男女混合ダブルス 4グループ
 シード  男女シングルス1〜16位 男女混合ダブルス1〜4位
(BWFランキング2012年5月3日発表)

  決勝トーナメント
 男女シングルスは各グル―プ上位1名、男女混合ダブルスは各グループ上位2組が進出する。3位決定戦を行う。

競技規則

1ゲーム 21ポイント制(ラリーポイント)  3ゲームマッチ2ゲーム先取
 20対20の場合その後、2点差の得点をしたプレーヤーが勝ちとなる。29点オールになった場合は先に30点をとったプレーヤーが勝ちとなる。

主なルール・・・サービス時
(1)サーバー側 
(a)サービスが打たれた瞬間にシャトルの位置がサーバーのウエストより下でなければならない。
(b)サービスが打たれた瞬間、サーバーのラケットのシャフトが下向きでなければならない。
(c)サービス始まり、打たれた時まで、両足の一部がその位置でコート面に接していなければならない。

(2)レシーバー側
(a)レシーバーもサービス始まり、打たれた時まで、両足の一部がその位置でコート面に接していなければならない。


  • ロンドンオリンピック2012
  • ニュース
  • 写真
  • 動画
  • 日程・結果
  • 日本代表選手団
  • メダル・入賞者一覧
  • 競技一覧
  • バドミントン
  • 日本代表選手団
  • 概要・説明
  • 見どころ
  • 会場マップ
  • 実施競技・種目比較
  • 最終予選選考会日程
  • オフィシャルスポツウエア
  • 日本代表選手団公式服装
  • マスコット紹介






ページトップへ