イベント

オリンピックデーラン

オリンピックデーラン

オリンピックデーラン後はサイン会にチャレンジ体力テスト。
アンバサダーとしてイベントに引っ張りだこ!


サイン会参加者とがっちり握手。


中村真衣さんも笑顔で参加者と握手


次の会場へ向かう荻原健司さん・次晴さん。


がんばれ!必死の荻原さんたちに
会場からも声がかかります。


アンバサダー3人は、オリンピックデーラン後、控え室でオリンピアンとともに昼食をとると、息つく間もなくサイン会会場へと移動です。

中央広場で行われたサイン会には、オリンピックデーランを走ったオリンピアン33名が参加しました。イベント開始直後からサインを求める参加者で長蛇の列ができ、その数なんと800人!本当に多くの方が、わくわくした表情で並んでいらっしゃいました。

荻原健司さんは「どこからいらしたのですか?」と積極的に話しかけたり、男性に「何か一言、書いてください!」とお願いされると、“本気は本物か”という座右の銘を書いていました。

また、中村真衣さんは水泳をやっている子どもたちに大人気です。「フリー(自由形)やっています!」という小学生の女の子にサインを頼まれると「頑張れよー!」と頭を撫でていました。

一方、荻原次晴さんは、卓球のマスターズに出場しているという73歳の男性にサインを求められると「お元気ですごいですね」と感銘を受けていました。

サイン会は大盛況のうちに終了し、次のイベントに備え、アンバサダー3人は中央広場のイベントステージ舞台裏へ向かいました。

次に3人が行うのは、『オリンピアンに挑戦!チャレンジ体力テスト』の司会進行。一般参加者がゲストオリンピアンと体力テストで勝負するこのコーナーには、田邉保典さん(ボート)、勅使川原郁恵さん(スケート・ショートトラック)、中重勝さん(ライフル射撃)、桧野真奈美さん(ボブスレー)がゲストとして登場し、それぞれ反復横跳び、立ち幅跳び、握力、長座体前屈に挑戦しました。

中村真衣さんは中重勝さんと一緒に握力に挑戦し、そこで2人に挑戦した坂本健太郎くん(9歳)は「学校でも握力テストはやったことがあって、いつもはもっと力が入るんですけど、今日はいっぱい人がいたから緊張しました」と悔しそうに笑いました。

チャレンジ体力テストに参加の坂本健太郎くん(中央)

最後には、昨年も行われた荻原健司さん・次晴さんの上体起こし兄弟対決!昨年は次晴さんが勝利しましたたが果たして結果は…健司さん32回、次晴さん29回と、健司さんがリベンジを達成!観客からは温かい拍手と笑いが起きました。

トークコーナーの最後には、会場に訪れた未来のアスリート、未来のオリンピック選手に向けて、オリンピアンから一言メッセージをいただきました。

田邉保典さん(ボート)
「しっかり朝ごはんを食べて、日々努力を続けることが大事だと思います」

勅使川原郁恵さん(スケート・ショートトラック)
「何か夢を持ってください。そして目標に向かって日々努力をすることが一番だと思います。みなさん夢を持って楽しんで過ごしてください」

桧野真奈美さん(ボブスレー)
「自分の目標に向かって一生懸命頑張っていくことが大切です。結果はもちろん大事ですけど、そこまでの過程を大切にしてほしいと思います」

中重勝さん(ライフル射撃)
「僕もみなさんと同じです。夢を持ちましょう。夢は必ず実現します!頑張りましょう」

チャレンジ体力テスト参加のオリンピアン達。左から荻原健司さん、勅使川原郁恵さん、中重勝さん、桧野真奈美さん、田邉保典さん、中村真衣さん、荻原次晴さん

これですべての体力テストが終了。一般参加者、オリンピアンともに楽しむことができたイベントとなりました。


過去のオリンピックデーラン


ページトップへ