オリンピズム

HOMEオリンピズムオリンピックデー

オリンピックデー

オリンピックデーとは?

第二次世界大戦後の1948年、国際オリンピック委員会(IOC)は第42次総会において、1894年6月23日のIOC創設を記念し、同日をオリンピックデーとすることを決めました。そして、各国のオリンピック委員会(NOC)に対し、オリンピックムーブメントの一環としてオリンピックデー記念行事を実施するよう呼びかけました。

日本では戦後間もない当時、参加が認められなかった第14回オリンピック競技大会(1948/ロンドン)に合わせ、開会式の7月29日に明治神宮外苑競技場において、独自にオリンピックデーを記念する行事を開催しました。

同行事では競技団体代表の入場行進、オリンピック旗の掲揚、体操競技のオリンピック候補選手による模範演技などが行われました。

誰もが参加できるオリンピックムーブメント

「スポーツを通じて相互理解と友好の精神を養い、平和でより良い世界の建設に貢献する」というオリンピズムの普及と、さらなる理解を得るための活動がオリンピックムーブメントです。世界各国のNOCは、そのために様々な活動を行っています。

オリンピックムーブメントは選手やオリンピック関係者だけのものではなく、スポーツを愛する誰もが楽しみながら参加できるものです。日本ではJOCが、誰もがオリンピズムに触れることが出来るよう、オリンピックコンサートオリンピックデーランをはじめとしたイベントを毎年行っています。

オリンピックムーブメントの頂点はオリンピックの開催

オリンピックの開催は、人々に大きな夢を与える最大の祭典であり、同時に、オリンピックの基本精神と理想を多くの人々に広く理解してもらう最高のオリンピックムーブメントでもあります。

日本ではこれまで夏と冬合わせて3回のオリンピックを開催し、感動と夢を日本中で共有してきました。

第18回オリンピック競技大会
(1964/東京)

第11回オリンピック冬季競技大会
(1972 /札幌)

第18回オリンピック冬季競技大会
(1998/長野)


ページトップへ