大会

HOME大会アジア競技大会広州アジア大会20102010年11月24日 日本代表選手団 結果・記録

第16回アジア競技大会(2010/広州)

2010年11月24日 日本代表選手団 結果・記録

*この情報は共同通信社のデータを元に作成しています。

陸上競技
男子 200m 予選
順位 選手名 (所属先名) 記録 備考
1 4 安孫子充裕(筑波大) 21秒28 敗退
2 2 藤光謙司(セーレン) 20秒80 決勝進出
3組2着までと3着以下の2人が決勝へ
女子 200m 予選
順位 選手名 (所属先名) 記録 備考
2 1 福島千里(北海道ハイテクAC) 23秒75 決勝進出
3 2 橋萌木子(平成国際大) 24秒13 決勝進出
3組2着までと3着以下の2人が決勝へ
男子 800m 予選
順位 選手名 (所属先名) 記録 備考
1 2 横田真人(富士通) 1分49秒26 決勝進出
3組2着までと3着以下の2人が決勝へ
女子 800m 予選
順位 選手名 (所属先名) 記録 備考
1 4 岸川朱里(STCI) 2分04秒20 決勝進出
3 2 久保瑠里子(デオデオ) 2分05秒09 決勝進出
3組2着までと3着以下の2人が決勝へ
男子 110mハードル 決勝 最終順位
順位 選手名 (所属先名) 記録
1 劉翔[中国] 13秒09
2 史冬鵬[中国] 13秒38
3 朴泰硬[韓国] 13秒48
5 田野中輔(富士通) 13秒81
7 青木悠人(MESSIAS) 14秒03
女子 100mハードル 予選
順位 選手名 (所属先名) 記録 備考
1 5 城下麗奈(横浜市陸協) 13秒43 決勝進出
2 1 寺田明日香(北海道ハイテクAC) 13秒17 決勝進出
2組3着までと4着以下の2人が決勝へ
男子 400mハードル 予選
順位 選手名 (所属先名) 記録 備考
1 1 河北尚広(石丸製麺) 51秒01 決勝進出
2 1 成迫健児(ミズノ) 50秒15 決勝進出
2組3着までと4着以下の2人が決勝へ
女子 400mハードル 予選
順位 選手名 (所属先名) 記録 備考
1 2 田子雅(中大) 57秒07 決勝進出
2 2 久保倉里美(新潟アルビレックス) 57秒29 決勝進出
2組3着までと4着以下の2人が決勝へ
女子 棒高跳 決勝 最終順位
順位 選手名 (所属先名) 記録
1 李彩霞[中国] 4m30
2 李玲[中国] 4m30
3 我孫子智美(滋賀レイクスターズ) 4m15
男子 走幅跳  決勝 最終順位
順位 選手名 (所属先名) 記録
1 金徳現[韓国] 8m11
2 蘇雄鋒[中国] 8m05
3 サバ[サウジアラビア] 7m96
4 菅井洋平(ミズノ) 7m63
男子 円盤投 決勝 最終順位
順位 選手名 (所属先名) 記録
1 エフサン・ハダイ[イラン] 67m99
2 デーブ[カタール] 64m56
3 サミミ[イラン] 63m46
6 畑山茂雄(ゼンリン) 56m89
男子 10種競技 前半
順位 選手名 (所属先名) 記録
1 カルポフ[カザフスタン] 4245点
2 金建佑[韓国] 4021点
3 クラヤ[サウジアラビア] 4002点
8 右代啓祐(国士舘大大学院) 3769点
(100m・11秒37、走幅跳・6m74、砲丸投・13m93、
走高跳・1m94、400m・51秒14)
水泳・飛込み
男子 1m飛板飛込み 決勝 最終順位
順位 選手名 (所属先名) 記録
1 何敏[中国] 481.20点
2 秦凱[中国] 451.20点
3 イェオ[マレーシア] 391.10点
10 岡本優(筑波大) 303.95点
女子 1m飛板飛込み 決勝 最終順位
順位 選手名 (所属先名) 記録
1 呉敏霞[中国] 326.15点
2 鄭霜雪[中国] 303.90点
3 チョン・ジュンフーン[マレーシア] 271.60点
6 渋沢小哉芳(セントラルNEXT21) 254.80点
7 浅田梨紗(立命館大学) 247.60点
水泳・水球
男子 準決勝
国・地域
×カザフスタン 10-8 ○日本=3位決定戦へ
  (3-2)
(4-3)
(0-1)
(3-2)
 
ホッケー
女子 3位決定戦
国・地域
○日本=3位 1-0 ×インド
  (0-0)
(0-0)
延長 (1-0)
 
ボクシング
男子 52kg級 準決勝
選手名 (所属先名)
○R・サルダー[フィリピン] 判定 ×須佐勝明(自衛隊)=3位
女子 48〜51kg級 準決勝
選手名 (所属先名)
○アルバニア[フィリピン] 判定 ×新本亜也(広島県連盟)=3位
バレーボール
男子 準決勝
国・地域
○日本 3-2 ×韓国
  (25-27)
(21-25)
(25-19)
(25-20)
(15-12)
 
女子 準々決勝
国・地域
○韓国 3-0 ×日本
  (25-16)
(25-22)
(25-15)
 
日本は5〜8位決定予備戦へ
ビーチバレー
男子 3位決定戦
国・地域
○朝日健太郎(フリー)=3位
 白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)
2-0
(21-14)
(21-10)
×ヤコフレフ[カザフスタン]
 アレクセイ
バスケットボール
男子 準々決勝
国・地域
○日本 92-75 ×北朝鮮
  (24-16)
(26-14)
(18-17)
(24-28)
 
女子 準決勝
国・地域
○韓国 93-78 ×日本=3位決定戦へ
  (24-22)
(17-12)
(30-27)
(22-17)
 
レスリング
男子 フリースタイル66kg級 1回戦
国・地域
○米満達弘(自衛隊) 2-0 ×ドンバエフ[キルギス]
男子 フリースタイル66kg級 2回戦
○米満達弘(自衛隊) 2-0 ×P・クマール[インド]
男子 フリースタイル66kg級 準決勝
○米満達弘(自衛隊) 2-1 ×ヤン・チュンソン[北朝鮮]
男子 フリースタイル66kg級 決勝
○米満達弘(自衛隊)=1位 2-0 ×ケルマニ[イラン]
男子 フリースタイル74kg級 2回戦
国・地域
○長島和幸(クリナップ) 2-0 ×ドマネ[シリア]
男子 フリースタイル74kg級 準決勝
○長島和幸(クリナップ) 2-1 ×ドルチェワンチグ[モンゴル]
男子 フリースタイル74kg級 決勝
○グダルジ[イラン] 2-0 ×長島和幸(クリナップ)=2位
男子 フリースタイル84kg級 1回戦
国・地域
○イナム[パキスタン] 2-1 ×松本篤史(綜合警備保障)
馬術
障害飛越 個人 決勝
順位 選手名 (所属先名) 記録
1 ラムジ・ハマド・ドゥハミ [サウジアラビア] 0点
2 マクトム [アラブ首長国連邦] 0点
3 エイド [サウジアラビア] 0点
5 平尾賢(エンゼル乗馬ク) 8点
10 水山大輔(成田乗馬ク) 12点
24 武田麗子(杉谷乗馬ク)  
31 片山篤(徳島乗馬ク)  
減点法。
1〜3位はジャンプオフによる。日本は平尾、水山、武田が出場。武田は第2ラウンドに進めず。
片山の順位は22日の団体戦の成績による。
近代五種
男子 個人 決勝 最終順位
順位 選手名(所属先名) 記録
1 曹忠栄[中国] 5768点(フェンシング944、水泳1368、馬術1188、射撃・ランニング2268)
2 李春憲[韓国] 5704点
3 金仁洪[韓国] 5628点
6 富井慎一(自衛隊) 5524点(932、1348、1176、2068)
7 野口隼人(自衛隊) 5480点(1028、1336、1148、1968)
8 三口智也(自衛隊) 5444点(804、1340、1100、2200)
13 藤井真也(自衛隊) 5208点(748、1320、992、2148)
男子 団体 決勝 最終順位
順位 国・地域記録
1 韓国 22232点(フェンシング3692、水泳5212、馬術4412、射撃・ランニング8916)
2 中国 22028点
3 日本(野口、富井、三口、藤井) 21656点(3512、5344、4416、8384)
アーチェリー
男子 個人 2回戦
選手名 (所属先名)
○天野良太(ミキハウス) 4-0 ×ミロン[バングラデシュ]
○古川高晴(近大職) 4-2 ×アドリアノ[フィリピン]
男子 個人 3回戦
選手名 (所属先名)
○天野良太(ミキハウス) 6-2 ×郭振維[チャイニーズ・タイペイ]
○古川高晴(近大職) 7-3 ×リヤジメル[イラン]
男子 個人 準々決勝
選手名 (所属先名)
宇[中国] 6-2 ×古川高晴(近大職)
○金優鎮[韓国] 6-0 ×天野良太(ミキハウス)
空手
男子 形 1回戦
選手名 (所属先名)
○大木格(山梨・甲府一高職) 5-0 ×エスピノサ[フィリピン]
男子 形 2回戦
○大木格(山梨・甲府一高職) 5-0 ×黄康寧[マカオ]
男子 形 準決勝
○大木格(山梨・甲府一高職) 4-1 ×ハルビ[クウェート]
男子 形 決勝
○ク・ジンキート[マレーシア] 3-2 ×大木格(山梨・甲府一高職)=2位
女子 形 1回戦
選手名 (所属先名)
○宇佐美里香(鳥取県教委) 5-0 ×ナガルコティ[ネパール]
女子 形 2回戦
○宇佐美里香(鳥取県教委) 5-0 ×リム・リーリー[マレーシア]
女子 形 準決勝
○宇佐美里香(鳥取県教委) 5-0 ×ユリアンティ[インドネシア]
女子 形 決勝
○宇佐美里香(鳥取県教委)=1位 5-0 ×黄ト淇[チャイニーズ・タイペイ]
ボウリング
男子 マスターズ 準決勝ラウンド
順位 選手名 (所属先名) 得点
1 崔福音[韓国] 3823点
2 杜建超[中国] 3730点
3 ルゲーバ[クウェート] 3673点
10 橋俊彦(昭和コンクリート工業) 3404点
14 和田翔吾(九州共立大) 3319点
16ゲーム
1〜3位がステップラダー決勝へ
女子 マスターズ 準決勝ラウンド
順位 選手名 (所属先名) 得点
1 黄善玉[韓国] 3727点
2 崔真雅[韓国] 3689点
3 タン[シンガポール] 3466点
11 中野麻希(マルハン) 3297点
16 向谷美咲(千葉明徳高) 3095点
16ゲーム
1〜3位がステップラダー決勝へ
カバディ
男子 1次リーグB組
国・地域
○日本 48-17 ×マレーシア
男子 1次リーグB組 順位
順位 国・地域 勝ち点 備考
2 日本 4 準決勝進出
チェス
ウェイキ(囲碁) 男子 団体 予選4回戦までの順位
順位 国・地域 備考
1 日本 4勝
ウェイキ(囲碁) 女子 団体 予選4回戦までの順位
順位 国・地域 備考
4 日本 2勝2敗
ローラースポーツ
女子 スピードスケート 10000mポイントエリミネーション 決勝 最終順位
順位 国・地域 得点
1 禹孝淑[韓国] 31点
2 郭丹[中国] 20点
3 潘怡蓁[チャイニーズ・タイペイ] 17点
5 篠塚奈知(パワースライドジャパン) 3点

ページトップへ