イベント

HOMEイベントオリンピックデーラン2007年荻原健司さんからのコメント

オリンピックデーラン

2007Olympic Day Run
オリンピックデーラン・アンバサダー / オリンピアン・メンバー
荻原健司さんからのコメント
荻原健司さん写真

2006年は、オリンピックデーラン・アンバサダーとして、全国各地の参加者の皆さんと気持ちよい汗を流すことができました。 負けず嫌いの子ども達、元気いっぱいのお母さん、運動不足解消のお父さんなど、今でも皆さんのさわやかな笑顔を思い出します。 そして、オリンピックというものが多くの人達にとって永遠の憧れであるということも感じました。

子ども達やスポーツ選手にとっては夢の舞台であり、また、応援する人達にとっては希望と平和の象徴であるオリンピック。 今後もオリンピックデーラン・アンバサダーとして、オリンピックのもつ素晴らしさや理念をしっかりと伝えていきたいと思います。

これからも「さわやかな笑顔」に会いに行きますので、皆さんご参加ください。


 

荻原健司さん 〈スキー・ノルディック複合〉
1992年アルベールビル冬季オリンピック、1994年リレハンメル冬季オリンピックの団体で連続金メダルに輝く。またワールドカップでも個人総合3連覇という偉業を成し遂げた。1998年長野冬季オリンピックでは日本代表選手団の主将を務めた。4大会連続出場となった2002年ソルトレークシティー冬季オリンピック後、現役を引退。引退後は子供達がウインタースポーツと触れ合うための教育活動支援に取り組む。現在参議院議員、教育問題・スポーツ振興等を中心に活動中。



< 2007オリンピックデーランにもどる >


ページトップへ