オリンピズム

HOMEオリンピズムオリンピック憲章

オリンピック憲章

オリンピック憲章 Olympic Charter 1996年版 (財)日本オリンピック委員会

55.OCOGが主催するプレ・オリンピック大会

  • 1- IOC理事会に提出して承認を求めた方式に従って、OCOGは、オリンピック競技大会で使用される施設をテストする目的でプレ・オリンピック大会を開催することができる。
  • 2- 各競技のプレ・オリンピック大会は、関係IFの技術的指導のもとにおこなわれなければならない。
  • 3- プレ・オリンピック大会は、IOC理事会が決定する範囲内においてオリンピック憲章の規定の対象となるものとする。

56.オリンピック競技大会への参加*

  • 参加者数は、関係IFとの協議のうえ大会2年前にIOC理事会が決定する。
 規則56付属細則
  • 1- 個人競技の参加者数は世界選手権大会で規定されている人数を超えてはならない。また、どの種目においても1国につき3人を超えてはならない。但し、1部の冬季競技についてはIOC理事会は例外を認めることができる。
  • 2- チーム競技については、参加チーム数は、男女それぞれについて12チームを超えてはならず、8チーム以下であってはならない。
  • 3- 個人競技であれチーム競技であれ、ある特定競技では補欠人数を公平に分配するために、またある競技では1種目当り1カ国1名で補欠がないという事情を考慮して、IOC理事会は、関係IFとの協議ののち補欠の人数を増やしたり減らしたりすることができる。


ページトップへ