オリンピズム

HOMEオリンピズムオリンピック憲章

オリンピック憲章

オリンピック憲章 Olympic Charter 1996年版 (財)日本オリンピック委員会

9.オリンピック競技大会

  • 1- オリンピック競技大会は、個人種目もしくは団体種目での競技者間の競争であり、国家間の競争ではない。オリンピック競技大会は、このような目的のために個々のNOCによって指名され、IOCがその参加を認めた選手たちが一堂に会し、当該IFの技術的指導のもとに競技をおこなう大会である。
  • 2- オリンピック競技大会に関するあらゆる問題についての最終的な決定をくだす権限はIOCにある。
  • 3- オリンピック競技大会は、オリンピアード競技大会とオリンピック冬季競技大会で構成される。両大会は、下記条4の規定を条件として、それぞれ4年に1度開催するものとする。
  • 4- 第1回のオリンピック冬季競技大会は1924年に開催された。この年からはじまって、開催順に回数がつけられているが、第17回オリンピック冬季競技大会は1994年に開催された。雪や氷のうえでおこなわれる競技は、冬季競技と見なす。

10.オリンピアード

  • 1- オリンピアードの期間は、連続する4年間を意味する。各オリンピアードはそれぞれのオリンピアード競技大会の開幕で始まり、その次のオリンピアードの開幕で終了する。
  • 2- オリンピアードの競技大会が開催されない場合には、そのオリンピアードは、前回のオリンピアードの開始の4年後から始まる。
  • 3- オリンピアードは、近代になってはじめて1896年にアテネで開催された第1回オリンピック競技大会(オリンピアード競技大会)から連続して順に回数がつけられている。

ページトップへ