HOMEニュースバド・タカマツ快勝で16強入り 世界選手権第3日

ニュース

バド・タカマツ快勝で16強入り 世界選手権第3日

カテゴリ:その他競技情報
2017.08.24
バド・タカマツ快勝で16強入り 世界選手権第3日
女子ダブルス2回戦 台湾ペアに勝った高橋(右)、松友組=グラスゴー(共同)

 【グラスゴー(英国)共同】バドミントンの世界選手権第3日は23日、英国のグラスゴーで各種目の2回戦が行われ、女子ダブルスで初優勝を目指すリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組は台湾ペアとの初戦に2―0で快勝した。16強による24日の3回戦で前回銅メダルの福万尚子、与猶くるみ組と当たる。
 米元小春、田中志穂組と福島由紀、広田彩花組も3回戦に進んだ。女子シングルスで大堀彩はストレート勝ちしたが、第10シードの佐藤冴香はノーシードのデンマーク選手に1―2で敗れた。





ページトップへ