HOMEニュース世界卓球、平野美宇がメダル確定 女子シングルスで48年ぶり

ニュース

世界卓球、平野美宇がメダル確定 女子シングルスで48年ぶり

カテゴリ:その他競技情報
2017.06.03
世界卓球、平野美宇がメダル確定 女子シングルスで48年ぶり
女子シングルス準々決勝でプレーする平野美宇=デュッセルドルフ(共同)
世界卓球、平野美宇がメダル確定 女子シングルスで48年ぶり
女子シングルス準々決勝で中国の丁寧(手前)と対戦する石川佳純=デュッセルドルフ(共同)

【デュッセルドルフ共同】卓球の世界選手権個人戦第5日は2日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、女子シングルス準々決勝で世界ランキング8位の平野美宇が、ロンドン五輪銅メダルで同4位のフェン・ティアンウェイ(シンガポール)に4―0で快勝し、準決勝に進んだ。3位決定戦がないため銅メダル以上が確定し、この種目の日本勢で48年ぶりのメダル。石川佳純はリオ五輪金メダルの丁寧(中国)に敗れた。
 女子ダブルスでは伊藤美誠、早田ひな組が日本勢16年ぶりのメダル獲得。男子ダブルスでも丹羽孝希、吉村真晴組と大島祐哉、森薗政崇組がともにメダル獲得を決めた。


世界卓球、平野美宇がメダル確定 女子シングルスで48年ぶり
男子ダブルス準々決勝を突破し、ベスト4入りを決めた丹羽(左)、吉村組=デュッセルドルフ(共同)





ページトップへ