HOMEニュース就職支援「アスナビ」:小西あかね選手(アイスホッケー)が「株式会社久慈設計」に採用内定

ニュース

就職支援「アスナビ」:小西あかね選手(アイスホッケー)が「株式会社久慈設計」に採用内定

カテゴリ:就職支援
2013.12.05
就職支援「アスナビ」:小西あかね選手(アイスホッケー)が「株式会社久慈設計」に採用内定
アイスホッケーの小西あかね選手(写真:アフロスポーツ)
就職支援「アスナビ」:小西あかね選手(アイスホッケー)が「株式会社久慈設計」に採用内定
久慈設計の久慈竜也代表取締役社長(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、アイスホッケーの小西あかね選手が「株式会社久慈設計」に採用内定し、12月5日に開催された「アスナビ支援説明会(主催:経済同友会)」の会場で、同社の久慈竜也代表取締役社長から発表されました。(入社日:2014年4月1日付)

  
 小西選手は女子日本代表のゴールキーパーとして、ソチオリンピックの活躍が期待されています。アイスホッケーからは同一競技最多となる7人目の採用選手で、アスナビでは初となる高校生の新卒内定となりました。

 また、今回の採用でアスナビでの採用は21社27名(夏季競技12名、冬季競技15名)となっています。詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。


就職支援「アスナビ」:小西あかね選手(アイスホッケー)が「株式会社久慈設計」に採用内定
日本代表のGKとして、ソチオリンピックで活躍が期待される小西選手(写真:アフロスポーツ)

 同社への採用内定を受けて小西選手は、「このたびご縁があり、株式会社久慈設計から内定をいただくことができました。私のために、インターンシップの機会をご用意くださり、会社や仕事をじっくり見学させていただきました。本当にありがとうございました。(北海道釧路町の)高校を卒業し、春から上京して、新しい生活で目標に向かう私に、思い切り競技に打ち込める環境を整えてくださり、心から感謝しております。チームに貢献できるプレーヤーになり、会社にも少しでも役に立てる社会人となれるよう、精いっぱいがんばっていきたいと思います」と意欲を語っています。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。





ページトップへ