大会

HOME大会ユニバーシアード競技大会ユニバーシアードの歴史

ユニバーシアードの歴史

 先駆者の登場──。19世紀初頭、近代オリンピックの父であるピエール・ド・クーベルタン男爵によって競技スポーツの時代は幕を開け、米国、英国及びスイスの3カ国において最初の大学間会議が開催された。1894年にオリンピック・ムーブメントが形成された後、1905年に米国にて大学スポーツ組織、1919年に国際学生連合が設立され、1923年には初めて世界大学大会(World University Games)が開催された。

始まり

 国際大学スポーツ連盟(以下FISU)は1949年に正式に設立されたが、その始まりは1923年5月に、フランスのJean Petitjeanがパリで開催した“世界学生大会(World Student Games)”である。その一年後に国際学生連盟(International Confederation of Students以下ICS)が誕生し、各国から使節が参加したワルシャワ(ポーランド)での会合から大学スポーツの活動が開始した。1925年から1939年まで、多くスポーツイベントがICSによって開催された。

開催年 開催場所
1925年 プラハ
1927年 ローマ
1930年 ダルムシャタッド
1933年 トリノ
開催年 開催場所
1935年 ブダペスト
1937年 パリ
1939年 モナコ

 第二次世界大戦が勃発するとこれらのイベントは途絶えるが、戦後、フランスが世界大学大会(World University Games)を再開する。

1949:FISUの創設

 戦後は冷戦により大学スポーツ界も二分された。1949年に国際学生連合(International Students Union以下ISU)が大会を開くも、西側からの参加は少なかった。しかし、その前年にルクセンブルクで活動を開始したFISUのDr. Paul Schleimerにより、はじめて西側も参加した国際大学スポーツ週間(International University Sports Weeks)を開催した。これらの会合はメラノ(1949)、ルクセンブルク(1951)、ドルトムント(1953)そしてサンセバスチャン(1955)において開催され、1957年にはフランスが東・西側から共に学生が参加する世界大学スポーツ選手権(World University Sports Championship)を開催すると、この大会以降、世界中の学生が参加できる継続的な大会運営が行われた。

最初のユニバーシアード競技大会

 1959年、FISUとISUはトリノにおいて、イタリア学生スポーツ協会が開催する大会に参加することに合意した。FISUにとってこの年は記念すべき年となる。イタリアの組織委員会がこの大会を初めて「ユニバーシアード」と命名したのである。
 後に世界中に認められることとなる、星に囲まれた‘U’の旗もこの時に誕生した。また、メダル授与式において国歌の代わりにFISU賛歌「Gaudeamus Igitur (だから愉快にやろう)」の演奏が適用されたのもこの時からであった。
 トリノにおけるユニバーシアード競技大会は成功を収め、地元組織委員会とその後のスポーツ界に大きな影響を及ぼすことになるプリモ・ネビオロ氏の運命を変えた。この大会に43の国々から1,400名が参加し、多くの国々がFISUメンバーになるよう話があった。しかしながら、やっと大学スポーツ界も平和に共存するようになったにも関わらず、解決すべき問題は依然存在した。そのため、国のシンボル(国旗や国歌)やプログラムに関する問題などを含めFISUは定款第2条に「FISUは、政治、宗教また人種に関わる思惑や差別と相いれることなく活動する」と記している。この時より、FISUが世界的な大会を開催することとなる。

大学スポーツの広がり

 以来、ユニバーシアード競技大会の規模は拡大していき、トリノ大会(1959年)で1,407名であった参加者は北京大会(2001年)で165の国及び地域から6,757名の参加となり、デグ大会(2003年)で174の国及び地域から6,643名の参加となった。これまでの最も多い参加者は、バンコク大会(2007年)の9,006名である。
 冬季大会も同様に成功を収めており、FISUの記録によると1958年のツェル・アム・ゼー(オーストリア)冬季大会の選手数は98名であったが、ハルビン冬季大会(2009年)では、44の国及び地域から2,831名が参加した。
 また、1960年代より、FISUは世界大学選手権大会も開催することになった。過去38年間に148の世界大学選手権大会が開催され、実施競技も多岐にわたり(ほとんどがユニバーシアード競技大会で実施されない競技)、135の国及び地域より25,500名に及ぶ選手・役員が参加した。これらの大会は偶数年に開催され、安定した成功と競技プログラムの継続実施となっている。また、学生とスポーツ界の関係者をつなぐ重要な機会として機能している。

大会数 参加選手数
2000年 20 3,623
2002年 24 4,228
2004年 25 4,845
大会数 参加選手数
2006年 27 5,852
2008年 29 6,652
2010年 29
今後の国際総合競技大会は以下のとおり。
夏季大会開催地 冬季大会開催地
2013年 カザン/ロシア マリボル/スロベニア
2015年 クワンジュ/韓国 グラナダ/スペイン
2017年 台北/チャイニーズ・タイペイ アルマティ/カザフスタン

まとめ

 ユニバーシアード(UNIVERSIADE)とは、国際大学スポーツ連盟(Federation Internationale du Sport Universitaire=FISU)が主催する世界の学生の競技大会のことで、別名“学生のオリンピック”ともいわれている。2年ごとに開催され、英語では通常、“The ○○th Universiade Games (年/都市)”と記される。
 ユニバーシアードは1959年に初めてその名が付けられたが、その歴史は1900年代初頭にさかのぼる。1924年に設立された国際学生連盟(ICS)により、学生のためのスポーツの祭典が多く催されたが、第二次世界大戦により中断される。
 戦後は政治地図が東西に分かれたために、国際学生スポーツ界も二分され、それぞれ学生スポーツ大会を開いていた。
 1949年にFISUが誕生し、東西の分断に対し少しずつ緩和の動きを見せていく。1957年にフランスのパリで開かれた競技大会には、東西両側より学生が参加するに至った。この学生たちのスポーツの祭典は、1959年のトリノ大会において地元イタリアの組織委員会により“ユニバーシアード”と命名され、これが公式上の第1回ユニバーシアード競技大会となる。
 ユニバーシアードは、当初奇数年に夏季大会、偶数年に冬季大会と分けて行われていたが、1980年代初頭より夏冬ともに奇数年に開催されている。


ページトップへ