スポーツと環境

JOC環境スローガン

HOMEスポーツと環境環境とオリンピック・ムーブメント

環境とオリンピック・ムーブメント

過去10年間以上オリンピックムーブメントは、環境意識、環境保護、環境への強化の機会を高めるよう先導してきました。
IOC環境公約は、オリンピック競技大会、そしてスポーツクラブ、スポンサー、スポーツ用品製造業者を含むその他の世界的なスポーツレジャー組織にも、著しい影響を与えてきました。

オリンピックムーブメンツ アジェンダ21
Olympic Movement's Agenda 21

1999年、IOCが採択しましたオリンピックムーブメンツ アジェンダ21には、スポーツに関わる全ての選手、個人および組織が、スポーツにおいて、あるいはスポーツを通じた持続可能性に向けて取り組む方法が記述されています。

  • 以下を実施することによる社会経済貢献の改善
    - 持続可能開発用国際協力プロジェクトの強化
    - 社会的排除撲滅運動を援助
    - 新規消費者性向の奨励
    - 健康維持促進に積極的な役割
    - 社会のニーズにさらに上手に適応するスポーツ基盤を振興
    - 環境概念をスポーツ施策の中に取り入れる

  • 以下を通じ、天然資源保全および管理
    - 環境計画
    - 施設、インフラ、スポーツ用具のデザイン

  • 以下のような主導的グループの役割強化
    - 女性
    - 青年
    - 固有民族
    競技団体にもっと参加できるように促進し、スポーツ組織マネージメントに参加できるよう促進する。
持続可能とは

次世代が満足できるという機会を危うくすることなしに、現世代のニーズを満たすことができないと定義されている。(ブルンドランド レポート: 環境と開発世界委員会 1987年)


ページトップへ