競技紹介

HOME競技紹介スキー・ノルディック複合
スキー・ノルディック複合

概要

 ジャンプとクロスカントリーの両種目の成績によって順位を争う競技。ジャンプのテクニックや経験、クロスカントリーに必要とされるパワーや体力、精神力など、総合的な身体能力が求められることから、本場ヨーロッパではこの種目の王者に「King of Ski」という称号が与えられます。


ルール・見どころ

 ジャンプはスペシャルジャンプと同じ方法で、クロスカントリーはフリー走法で行われます。

【個人戦】
 前半ジャンプは1回のジャンプを行い、その得点差をタイム差に換算します。後半クロスカントリーはジャンプでトップに立った選手が最初にスタートし、後続の選手は換算されたタイム差によってスタートしていきます。10km(基本1周2.5km×4周)を走り、ゴール到着順がそのまま順位となります。

【団体戦】
 4人でチームを編成し、ジャンプ、クロスカントリーとも4人の合計タイム(得点)で競います。クロスカントリーは4人によるリレー方式で行います(1人2.5km×2周)。※現時点のFISワールドカップのフォーマットに基づく

※個人戦はジャンプの飛距離点が15点差で1分に、団体戦は45点差が1分に換算され、そのタイムがクロスカントリーのスタートにおけるタイム差となります。
 このように、前半のジャンプの得点をタイム差に換算して、後半のクロスカントリーを行う方式をグンダーセン(Gudersen)方式と呼びます。このほかにクロスカントリーを先に行うマススタート方式もあります。


ページトップへ