HOMEニュース柔道、阿部「重圧受け止めた」 世界選手権、日本勢が帰国

ニュース

柔道、阿部「重圧受け止めた」 世界選手権、日本勢が帰国

カテゴリ:その他競技情報
2017.09.05
柔道、阿部「重圧受け止めた」 世界選手権、日本勢が帰国
柔道の世界選手権から帰国し、記者の質問に答える男子66キロ級優勝の阿部一二三=5日午後、成田空港(共同)

 3日に終了した柔道世界選手権の日本代表が5日、成田空港に帰国し、個人戦メダリストらが記者会見に臨んだ。初出場で金メダルに輝いた男子66キロ級の20歳、阿部一二三は「重圧を受け止め、一本を取りにいく柔道を前面に出せた」と納得の表情だった。
 阿部は高まる一方の注目度に「世界王者に1回なっただけ。東京五輪への第一歩にすぎない」と向上心を燃やした。
 男子100キロ級を制した21歳のウルフ・アロンは「ここからが本当の闘い。ライバルと切磋琢磨し、東京五輪に向かいたい」と引き締め、同73キロ級覇者の橋本壮市は「自分を信じて一戦一戦闘えた」と充実感に浸った。(共同)





ページトップへ