HOMEニュース世界柔道、ウルフが初出場V 朝比奈は銀

ニュース

世界柔道、ウルフが初出場V 朝比奈は銀

カテゴリ:その他競技情報
2017.09.03
世界柔道、ウルフが初出場V 朝比奈は銀
男子100キロ級決勝で延長の末に優勢勝ちし、優勝を決めたウルフ・アロン=ブダペスト(共同)

【ブダペスト共同】柔道の世界選手権第6日は2日、ブダペストで男女3階級が行われ、男子100キロ級で初出場のウルフ・アロン(東海大)が決勝でバルラム・リパルテリアニ(ジョージア)に延長の末に優勢勝ちし、今大会日本勢7個目の金メダルを獲得した。
 21歳のウルフは準々決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのエルマル・ガシモフ(アゼルバイジャン)、準決勝はミカエル・コレル(オランダ)を破った。
 女子78キロ超級で初出場の朝比奈沙羅(東海大)は決勝で前回覇者の于頌(中国)に延長の末、優勢負けし2位だった。





ページトップへ