HOMEニュース柔道の羽賀龍之介、GP大会出発 「世界選手権への課題を」

ニュース

柔道の羽賀龍之介、GP大会出発 「世界選手権への課題を」

カテゴリ:その他競技情報
2017.06.29
柔道の羽賀龍之介、GP大会出発 「世界選手権への課題を」
中国でのグランプリ大会への出発を前に、報道陣の取材に応じる柔道の羽賀龍之介=29日、羽田空港(共同)

 リオデジャネイロ五輪柔道男子100キロ級銅メダルで世界選手権(8〜9月・ブダペスト)代表の羽賀龍之介(旭化成)が29日、グランプリ大会(30日〜7月2日・フフホト=中国)への出発前に羽田空港で取材に応じ「世界選手権につながる課題を見つけたい」と語った。五輪後初の国際大会となる。
 4月の全日本選抜体重別選手権は決勝で東海大の後輩ウルフ・アロンに敗れたが、リオ五輪の実績により2人目の世界選手権代表に滑り込んだ。2月のグランドスラム・パリ大会を制した19歳の飯田健太郎(国士舘大)も台頭しており、実力を示したい。(共同)





ページトップへ