HOMEニュース荻原健司さん、三宅宏実さんが参加「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」レポート

ニュース

荻原健司さん、三宅宏実さんが参加「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」レポート

カテゴリ:震災復興支援
2016.11.11
荻原健司さん、三宅宏実さんが参加「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」レポート
「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)は10月2日(日)、福島県伊達郡国見町の上野台運動公園グリーンアリーナで「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」を開催しました。

 オリンピックデー・フェスタは、東日本大震災復興支援JOC「がんばれ!ニッポン!」プロジェクトの一環として、「スポーツから生まれる、笑顔がある。」をスローガンに、オリンピアンやアスリートがスポーツを通じて被災地の皆様とのふれあい活動を行うイベントです。


荻原健司さん、三宅宏実さんが参加「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」レポート
三宅選手が司会に挑戦(写真:アフロスポーツ)

 今回の参加オリンピアンは、陸上競技の荒井広宙選手(2016年リオデジャネイロオリンピック銅メダル)、水泳・競泳の内田翔さん(2008年北京オリンピック出場)、スキー・ノルディック複合の荻原健司さん(1992年アルベールビルオリンピック金メダル、1994年リレハンメルオリンピック金メダル、1998年長野オリンピック4位入賞、2002年ソルトレークシティーオリンピック8位入賞)、バレーボールの櫻井由香さん(2008年北京オリンピック5位入賞)、トランポリンの棟朝銀河選手(2016年リオデジャネイロオリンピック4位入賞)、ウエイトリフティングの三宅宏実選手(2004年アテネオリンピック出場、2008年北京オリンピック出場、2012年ロンドンオリンピック銀メダル、2016年リオデジャネイロオリンピック銅メダル)、自転車の阪本章史さん(2008年北京オリンピック出場)、柔道の谷本歩実さん(2004年アテネオリンピック金メダル、2008年北京オリンピック金メダル)の計8人。国見町及び近隣地区の小中学生130名が参加し、運動会形式のスポーツプログラムで交流を深めました。


荻原健司さん、三宅宏実さんが参加「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」レポート
荻原さんが子供たちと一緒に「手つなぎ鬼」(写真:アフロスポーツ)
荻原健司さん、三宅宏実さんが参加「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」レポート
笑顔で子供たちと触れ合う棟朝選手(写真:アフロスポーツ)

 開会式では、オリンピアンを代表して荻原さんが「今日はたくさんのオリンピアンがここ国見町へやってきました。みんな楽しみにしています。今日は1日笑顔で全力でがんばりましょう!」とあいさつ。続いて、開催地を代表して太田久雄国見町長が「震災から5年半が経ちました。ここグリーンアリーナはちょうど20年前にスポーツ振興を目的として建設されました。今日は記念となる日です。夢を抱く1日にしてください」と参加者に呼びかけました。

 スポーツプログラムでは、8人のオリンピアンが各チームリーダーとなり、「手つなぎ鬼」「小玉転がし」「大玉転がし」「5色玉入れ」の4種目を実施。司会は三宅選手が担当。オリンピアンが司会を務めるのは、オリンピックデー・フェスタ初の試みとなります。オリンピアンは、「優勝」という共通のゴールに向かって、子供たちとチーム一丸となって一生懸命にプレーを楽しんでいました。


荻原健司さん、三宅宏実さんが参加「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」レポート
阪本さんと子供たちが息を合わせて「小玉転がし」(写真:アフロスポーツ)
荻原健司さん、三宅宏実さんが参加「オリンピックデー・フェスタ in くにみ」レポート
「5色玉入れ」に挑戦した荒井選手(写真:アフロスポーツ)

 閉会セレモニーでは、荒井選手がオリンピックデー・フェスタの聖火として各会場を巡る「つながる火」を紹介。オリンピアン全員からのあいさつでは、棟朝選手から「今日はあらためてスポーツの楽しさを実感しました。これからも夢や目標に向かってがんばってください」と激励のメッセージが送られました。

 オリンピアン退場の際の見送りハイタッチでは、荒井選手と三宅選手がリオデジャネイロオリンピックの銅メダルを、谷本さんがアテネ・北京オリンピックの金メダルを持参。メダルに触れた子供たちは満面の笑みで大喜びの様子でした。

 また、ハイタッチ終了後には会場でサイン会を実施しました。参加者は着ていたTシャツなどにサインをもらいながら、様々な会話で交流を深め、オリンピアンとの最後のふれあいを楽しんでいました。


 フェスタ終了後、オリンピアンたちは被災地視察として、国見町上野台応急仮設住宅を訪問。国見町教育委員会生涯学習課課長兼公民館館長の羽根洋一さんが同行し、震災時からこれまでの復興の状況などを説明しました。その後、仮設住宅集会場にて、住民の方々と懇談。オリンピアンは一人一人に声を掛け、オリンピックのメダルを首に掛けたり、一緒に写真撮影をするなどして、仮設住宅で暮らす方々へ元気を届けました。





ページトップへ