HOMEニュース就職支援「アスナビ」:有吉利枝選手(パラローイング)が「一般財団法人あんしん財団」に採用決定

ニュース

就職支援「アスナビ」:有吉利枝選手(パラローイング)が「一般財団法人あんしん財団」に採用決定

カテゴリ:就職支援
2016.07.22
就職支援「アスナビ」:有吉利枝選手(パラローイング)が「一般財団法人あんしん財団」に採用決定
一般財団法人あんしん財団に採用が決まった有吉選手(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、パラローイングの有吉利枝選手が「一般財団法人あんしん財団」に採用されました。(2016年7月21日付入社)。
 今回でアスナビを通じた採用は、79社/団体110名となりました。※詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。

 有吉選手は今年9月のリオデジャネイロパラリンピックにボート日本代表として出場します。2015年には諏訪湖レガッタ優勝、全日本マスターズレガッタ優勝、世界ボート選手権12位の実績を残しました。

 一般財団法人あんしん財団への採用が決まり、有吉選手は「リオデジャネイロで開催されるパラリンピック前に採用頂き、安心して競技に集中して取り組めることに、本当に感謝しています」と喜びのコメント。リオ大会に向けて「財団の皆様、また顧客の皆様にも障がい者スポーツに少しでも興味を持って頂ければと思っております。そのためにも、パラリンピックでは成果を挙げられるよう、全力で闘って来たいと思います。そして一日も早く、業務に慣れるよう仕事人としても頑張っていきたいと思います」と抱負を語りました。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。


前後のニュース




ページトップへ