HOME大会アジア競技大会仁川アジア大会2014ニュース競泳萩野、入江、瀬戸が金 柔道秋本と山本、体操もV

第17回アジア競技大会(2014/仁川)

ニュース

競泳萩野、入江、瀬戸が金 柔道秋本と山本、体操もV

2014.09.22
競泳萩野、入江、瀬戸が金 柔道秋本と山本、体操もV
 仁川アジア大会競泳男子200メートル自由形決勝で、1分45秒23の日本新記録で優勝し喜ぶ萩野公介=21日、韓国・仁川(共同)
競泳萩野、入江、瀬戸が金 柔道秋本と山本、体操もV
日本―ネパール 後半、3点目のゴールを決める鈴木=高陽(共同)

仁川アジア大会第3日(21日)競泳男子200メートル自由形で萩野公介が1分45秒23の日本新記録で金メダルを獲得した。同100メートル背泳ぎは入江陵介が優勝、萩野は3位。同200メートルバタフライは瀬戸大也が優勝した。
 女子100メートル平泳ぎの渡部香生子と同400メートルリレーの日本は銀。
 柔道は男子73キロ級の秋本啓之と女子57キロ級の山本杏が優勝。
 体操の男子団体総合では日本がこの種目で初優勝。
 サッカー男子の日本は1次リーグ最終戦でネパールに4―0で勝って2勝1敗とし、D組2位で決勝トーナメントに進出。



  • 仁川アジア大会2014
  • ニュース
  • 写真
  • 競技日程
  • 日本代表選手団
  • 競技一覧
  • 日本代表選手団 入賞者一覧
  • メダルランキング
  • 実施競技・種目比較
  • アジア大会ヒストリー
  • 会場マップ
  • オフィシャルスポーツウェア






ページトップへ