競技紹介

HOME競技紹介ラグビーフットボール
ラグビーフットボール

概要

 ラグビーのルーツは、「1823年にイギリスのパブリックスクールであるラグビー校で開催されていたフットボールの試合中、ウェッブ・エリスという少年が突然ボールを抱えて相手のゴール目指して走り出した」こととされています。その後、ラグビー校ではボールを持って走ることが一般的になり、「ラグビースクールフットボール」が人気となりました。イングランドではたくさんのラグビークラブが作られ、ラグビーは世界に普及していきました。1871年にラグビーフットボールユニオン(RFU:現在のイングランドラグビー協会)が設立され、初の国際試合がイングランドとスコットランドの間で行われ、1886年には国際ラグビーフットボール評議会(IRFB)が発足。15人制(ラグビーユニオン)、13人制(ラグビーリーグ)、7人制など、様々なラグビーが世界各地でプレーされ、各種大会が開催されています。

 オリンピックでのラグビーの歴史をひもとくと、1900年パリ大会、1908年ロンドン大会、1920年アントワープ大会、1924年パリ大会で15人制ラグビーが実施され、その後長いブランクを経て2016年リオデジャネイロ大会より7人制ラグビーとして復活しました。女子ラグビーは2016年リオデジャネイロ大会が初めての実施となりました。

ルール・見どころ

 相手を抜くステップ、走りきるスピード、パス、キックなど、後ろにしかパスが出来ないこと以外は自由度が高い競技で、様々な戦術を駆使して相手陣のゴールラインにボールを運ぶことで得点が得られる競技。得点後にはキックによる加点もあります。

 フィールドの大きさは、7人制でも15人制と同じ幅70m、長さ100m。広いフィールドを少ない人数でプレーする分、一人一人のスピードやタックルの強さが一層求められます。また長いパスを多用してボールを大きく動かすためダイナミックな試合展開となるのも魅力です。試合時間は15人制の80分に対して14分と短く、ハーフタイム2分間を挟んで全員が一瞬たりとも気を抜けないスピーディな戦いを繰り広げます。見る側も決して目を離せません。

 得点方法は4種類あり、相手のゴール領域内でボールを接地させる(グランディング)「トライ」が5点、トライ後にゴールポスト間にボールを蹴り入れる「コンバージョンゴール」が2点、試合の流れの中でゴールポスト間にボールをワンバンドさせて蹴り入れる「ドロップゴール」は3点、相手反則時に与えられるペナルティキックでのゴールが3点。試合時間が短いので、常にトライを先行しているチームが有利で、トライ後のコンバージョンによる2点の加点は勝敗や戦術に大きく影響します。

 チームはフォワード3人、バックス4人で構成され、1試合につき1チーム5回まで交代ができます。ポジションとしての呼び名はあるものの、15人制ほどポジションによって役割が決まっていません。ひとり一人の瞬時の判断で攻守が変わり、どこからでもトライを取ることを狙っているので、非常にエキサイティングな試合展開となります。時には100m近く走るトライも生まれるため、スピード自慢の選手が多いのも7人制の特徴です。

※東京2020大会組織委員会 公式サイトより


ページトップへ