HOMEニュース3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」

ニュース

3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」

カテゴリ:選手強化
2019.04.12
3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」
12期生は3競技から4名が入校(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)は4月7日、「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」を味の素ナショナルトレーニングセンター(味の素トレセン)で開催しました。

 JOCエリートアカデミー(以下、エリートアカデミー)は、将来オリンピックをはじめとする国際競技大会で活躍できる選手を育成するための事業。味の素トレセンを生活拠点に「競技力」の向上はもちろん、コミュニケーションスキルや語学力などの「知的能力」、共同生活をおくることでの「生活力」を身に付け、スポーツを通して社会の発展に貢献できる人材を育成することを目的としています。

 今年度新たに加わった12期生は3競技4名で、アカデミー生の合計は7競技33名になりました。はじめに、家族や関係者、JOC、スポーツ庁、競技団体、学校関係者、エリートアカデミー在校生らが見守る中、入校生が入場。その後、出席者全員で国歌斉唱を行うと、平野一成JOCエリートアカデミーディレクターから12期生4名が紹介されました。


3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」
平岡英介JOC副会長兼専務理事(写真:アフロスポーツ)
3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」
平野誠スポーツ庁競技スポーツ課長(写真:アフロスポーツ)

 次に、主催者を代表してあいさつに立った平岡英介JOC副会長兼専務理事が、味の素トレセンでのエリートアカデミー生へのサポート体制を紹介。「コーチ、スタッフの方々、頼もしい先輩方に遠慮なく相談して、何事にも積極的に取り組んでもらいたいと思います」と述べました。そして「不安もあるでしょうし、最初は上手くいかなくて辛いこともあるかもしれませんが、一日一日を大切に、同じ志を持った仲間と切磋琢磨して、助け合いながら、目標に向かって歩んで行ってください」と新たな環境で生活を始める入校生を激励しました。

 続いて、来賓を代表して平野誠スポーツ庁競技スポーツ課長が登壇。味の素トレセンでの生活について「日本のトップアスリートが最高の環境で競技力を向上できるように設置された施設であり、ここでは中学1年生から高校3年生までのアスリートが、各競技団体のトップレベルのコーチから一環した指導を受けることができます。また、コミュニケーション能力や語学力をはじめ、共同生活を通じて、必要な社会規範を身に付け、スポーツを通して、社会に貢献できる人材を育成する環境が整っています」と説明。そして入校生に向け「全国から選ばれ、ここでトレーニングできることに誇りを持って、自身の力を伸ばしていってください。今日の気持ち、初心を忘れることなく、アスリートとして土台となる人間力に磨きをかけてください」とエールを送りました。


3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」
在校生を代表して歓迎の言葉を送ったキャプテンの鏡優翔さん(写真:アフロスポーツ)

 次に、今年度エリートアカデミーの在校生を代表してキャプテンの鏡優翔さん(レスリング)が、「皆さんは親元を離れ、この素晴らしい環境で生活を送ることに不安や緊張など様々な感情を持っていると思います。私も入校した3年前には同じ気持ちでした。しかし、そんなことを言っている時もライバルは練習しています。競技力の向上はもちろん、人間力の向上を目指し、一緒に気合を入れて頑張りましょう」と歓迎の言葉を送ると、エリートアカデミー生全員が起立し、「JOCエリートアカデミー頑張るぞ!」と声を出し、団結を高めました。

 最後に、4人の入校生が自己紹介と決意表明を行いました。名前を呼ばれた入校生は将来の目標やアカデミーで学びたいことを力強く発表。出席者からは温かい拍手が送られました。


3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」
吉田アリヤくん(写真:アフロスポーツ)
3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」
根澤虎白くん(写真:アフロスポーツ)

【第12期生一覧】

吉田 アリヤ(よしだ ありや)
競技:レスリング
出身:千葉県
学校:北区稲付中学校
学年:1年
「僕には2つの目標があります。1つはオリンピックで金メダルを取ることです。もう1つは大きな声で自分からあいさつができる礼儀正しい人になることです。その目標を達成するために、毎日の生活を規則正しくし、ハキハキと話す努力をします。またメダリストになった時には英語でスピーチができるように英語の勉強を頑張ります。よろしくお願いします」

根澤 虎白(たかねざわ こはく)
競技:レスリング
出身:茨城県
学校:北区稲付中学校
学年:1年
「味の素トレセンという素晴らしい環境を通じて沢山のトレーニングをこなし、誰にも負けない屈強な心と体を作ります。そして目標である世界で活躍するトップアスリートを目指し、オリンピックで金メダルを取ります。先輩たちについていけるように頑張りますのでよろしくお願いします」


3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」
瀬川咲新さん(写真:アフロスポーツ)
3競技4選手が新たに入校 「平成31年度JOCエリートアカデミー入校式」
渋谷樹里さん(写真:アフロスポーツ)

瀬川 咲新(せがわ さにい)
競技:ボート
出身:福岡県
学校:成立学園高等学校
学年:1年
「中学校のクラブ活動では陸上競技をやっていました。また、昨年まで福岡県でタレント発掘事業に所属しており、そこでボート競技に出会い、水の上を進むという新鮮さに魅力を感じ、競技を始めようと決めました。エリートアカデミーでは競技力だけでなく、人として成長し、誰からも愛され、応援される選手になり、オリンピックで金メダルを狙います。1日1日を大切にし、努力を怠らず、夢の扉をたたき続けます」

渋谷 樹里(しぶや じゅり)
競技:アーチェリー
出身:滋賀県
学校:東京都立足立新田高等学校
学年:1年
「私は滋賀県のアスリート発掘プロジェクトで様々な競技を体験し、その中で的に当てる楽しさに魅せられ、アーチェリーを始めました。そして、さらに強くなるためにエリートアカデミーに入校しました。これからここで支えてくれる方への感謝の気持ちを忘れず、今まで以上に成長できるように、アーチェリーの練習だけでなく、学校の勉強にも力を入れていきます。また、積極的に人とのコミュニケーションを取ることで自ら学んでいき、多くの人から憧れてもらえるような人間力の高い、立派なアスリートになり、オリンピックでメダルを獲得できるように頑張ります」





ページトップへ