国際連携

HOME国際連携

国際連携

 JOCは、国際オリンピック委員会(IOC)、国内オリンピック委員会連合(ANOC)、アジアオリンピック評議会(OCA)、国際大学スポーツ連盟(FISU)等の国際スポーツ統括組織からの情報収集、パートナーNOCを始めとする各国・地域オリンピック委員会(NOC)との関係強化に努めるとともに、国際貢献、人脈形成、人材育成等にも取組んでおり、そのことが国際力強化、日本のプレゼンス向上に繋がっています。

国際スポーツ組織関係概要図

【1】国際スポーツ組織との関係強化並びに人材育成

国際人養成アカデミーの拡充
● 国際スポーツ組織(IF等)の役員ポスト獲得
● パートナーNOCとの連携強化
● IOCなどの国際スポーツ組織との情報共有
● オリンピック毎のジャパンハウス設置及び運営
● JOCレセプションの開催による国際ネットワーキングの場の提供

【2】国際貢献事業

IOCオリンピックソリダリティ東京2020特別プログラム
(長期選手受入/短期選手受入/指導者派遣)
●“スポーツ・フォー・トゥモロー”(SFT)等への協力
・JSC-JOC連携プログラム(招へい)
・外務省スポーツ外交推進事業(招へい)
(NFと共に海外選手の受入・指導(NTC等で合同合宿)、日本人スポーツ指導者の派遣、競技用具の提供)

【3】各種国際競技大会の招致・開催、並びにNFの国際競技大会の招致・開催支援

● 開催 / 第23回ANOC総会(2018/東京)
● 開催予定 / 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)
● 開催予定 / 第20回アジア競技大会(2026/愛知名古屋)
● 招致活動 / 第25回オリンピック冬季競技大会(札幌)※対話ステージ
● 招致活動 / 第26回オリンピック冬季競技大会(札幌)※継続的な対話

【4】東京2020オリンピック競技大会への国際連携

海外NOCの事前合宿の実施支援
・NOC (パートナーNOC含む)
・NF
・各自治体(パートナー都市含む)

ページトップへ