選手強化

HOME選手強化

味の素ナショナルトレーニングセンター

味の素ナショナルトレーニングセンター(味の素トレセン)は日本スポーツ界の悲願として、2008年に東京都北区西が丘地区に建設された日本初のトップレベル競技者用トレーニング施設です。JOC及びJOC加盟競技団体に所属する選手・スタッフが専用で利用しています。

JOCスポーツアカデミー事業

JOCでは、世界と戦うための選手強化事業を各競技団体と共に一枚岩となって実施しています。選抜された子供たちを育てていく「エリートアカデミー」や、最新の選手指導を研究する「ナショナルコーチアカデミー」などを展開し、味の素トレセンを活用した選手強化を行っています。

強化拠点

味の素トレセンに整備できない施設として、ネットワーク・連携を図る競技別強化拠点を紹介。
味の素トレセンとNTC競技別強化拠点以外に、JOCが認定した国内外の既存トレーニング施設を紹介。

アンチ・ドーピング

アンチ・ドーピングについて

JOCは、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が提唱するアンチ・ドーピング活動に賛同し、日本国内のアンチ・ドーピング推進組織として、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)とともに、積極的にアンチ・ドーピング活動を展開しています。


ページトップへ