競技紹介

HOME競技紹介レスリング
水泳

競技の歴史

レスリングは1896年の第1回アテネ大会からオリンピック競技です。1904年の第3回セントルイス大会ではフリースタイルだけが競技種目となったため、ウイーンでグレコローマン世界選手権が開催されました。

1912年には統一機関として国際レスリング連盟(FILA)が設立され、体重区分やルールが整備されて徐々に競技として成熟しました。

戦後すぐのオリンピックや世界選手権の参加国は10数カ国でしたが、1960年代には20カ国を超え、FILAへの加盟国も増えました。1968年第19回メキシコシティー大会の後、大規模なルール改正が行われ、四角形の試合場が円形となりました。階級も従来の呼称をやめ、kg表示へ変更し、10階級に増えました。

1980年代に入ると、フランスや北欧で女子レスリングが行われるようになり、FILAは1983年に女子のレスリングを正式に認可。1985年にフランスで初めてFILA認定の国際大会が9階級で行われ、1987年には世界選手権を開催。1989年から毎年実施されています。

IOCのオリンピックの肥大化防止の方針を受け入れ、1992年バルセロナ大会から予選を採用、各階級の出場選手数を制限しています。1997年には男子8階級、女子6階級に変更。2004年アテネ大会から女子競技の採用決定にともない、男女とも7階級ずつに再変更しています(ただし女子は4階級のみの実施)。



日本での競技の歴史

日本人で初めてオリンピックに参加したのは、1924年第8回パリ大会の内藤克俊選手でした。この時日本でレスリングは行われておらず、米国の大学に在学し日本代表として出場しました。

日本にレスリングが「輸入」されたのは、1929年に早稲田大学柔道部が米国へ遠征し、ワシントン大学でレスリングと遭遇したことが発端でした。メンバーの1人、八田一朗がその魅力にとりつかれ、帰国後大学にレスリング部をつくり、普及に努めました。1932年第10回ロサンゼルス大会に7選手を派遣しました。

戦後初参加した1952年第15回ヘルシンキ大会で、石井庄八選手が全競技の中で日本唯一の金メダルを獲得。以後、東京大会の金5個を最高に、1988年のソウル大会までに20個の金メダルを獲得しています。

女子競技にも早くから取り組み、1987年の第1回世界選手権に参加。オリンピック初の実施となった2004年アテネ大会では、吉田沙保里選手と伊調馨選手が金メダル、伊調千春選手が銀メダル、浜口京子選手が銅メダルと、女子の全階級でメダルを獲得する快挙を成しとげました。

過去の入賞者、メダル獲得については、「オリンピック歴代日本代表選手全記録」で検索できます。

関連情報JOC年表オリンピックの歴史


Photo:AFLO SPORT




ページトップへ