競技紹介

HOME競技紹介トライアスロン
トライアスロン

競技の歴史

トライアスロンはスイム(水泳)、バイク(自転車ロードレース)、ラン(長距離走)の3種目を連続して行う競技で、健康志向の高いアメリカ西海岸のカリフォルニア州サンディエゴで、1974年に誕生しました。

競技が始められた当時は、スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195km(フルマラソン)という長い距離設定で行われていましたが、1982年にバランスのとれた距離として、スイム1.5km、バイク40km、ラン10km(トータル51.5km)が設定されました。

2000年の第27回シドニー大会から正式競技になったオリンピックでも同距離が採用されたことから、通称「オリンピック・ディスタンス」と呼ばれ、現在は世界選手権など多数の大会が、この距離で実施されています。


日本での競技の歴史

日本で最初にトライアスロンが行われたのは、1981年の鳥取県皆生温泉でのことでした。その後、1985年には沖縄県の宮古島で、琵琶湖では長距離レースが行われ、そして天草では、51.5kmのザ・トライアスロンが日本で初めて開催されました。

日本でもトライアスロンは急速に人気を集め、すでに年間200以上の大会が全国で開催されるようになっています。

トライアスロンの歴史は、(公社)日本トライアスロン連合のホームページ「トライアスロンとは」で、詳細をご覧いただけます。

過去の入賞者、メダル獲得については、「オリンピック歴代日本代表選手全記録」で検索できます。

関連情報JOC年表オリンピックの歴史


Photo:AFLO SPORT




ページトップへ