競技紹介

HOME競技紹介ボート
ボート

競技の歴史

オリンピックのボート競技は2,000m、6レーンのコースで行われます。男子、女子共に2,000mに決定したのは1992年のバルセロナ大会からで、この距離に決定するまで4回の変更がありました。

ボートは選手全員が力を合わせ、1秒で10mもの距離を進ませる、高速性と耐久性を競う競技といえます。

ボート競技に女子種目が加わったのは、1976年の第21回モントリオール大会からです。


日本での競技の歴史

日本にボート競技を紹介したのは在日外国人たちでした。(公社)日本ボート協会の「日本のボート略史」では1866年(慶應2年)、横浜山下町に外人ボートクラブ創立とあります。

ボート競技がオリンピックに初めて参加したのは、1928年(昭和3年)の第9回アムステルダム大会でした。日本の入賞は、1984年第23回ロサンゼルス大会でかじ付きフォア(当時の種目)が8位、2000年第27回シドニー大会、男子軽量級ダブルスカルで6位入賞を飾りました。

過去の入賞者、メダル獲得については、「オリンピック歴代日本代表選手全記録」で検索できます。

関連情報JOC年表オリンピックの歴史


Photo:AFLO SPORT




ページトップへ