競技紹介

HOME競技紹介リージュ
リージュ

競技の歴史

リュージュイメージ

「リュージュ」とは、フランス語で「木ゾリ」を意味します。リュージュはヨーロッパの積雪地方で1650年ごろから、重い荷物の運搬や冬のソリ遊びとして親しまれていました。

スポーツとして最初に行われたのはスイスだといわれています。初めの頃は水で凍結させた坂を滑り降りていましたが、直線の坂だけでは満足できなくなり、曲がりくねった雪の坂道を使って楽しむようになり、1879年にはスイスのダボスに初めて専用コースがつくられました。1881年に第1回スイス・ソリ競技会が開かれ、これが公式のソリ競技の始まりとされています。

1957年に国際リュージュ連盟(FIL)が創設され、オリンピック冬季競技大会では、1964年の第9回インスブルック冬季大会で正式種目として採用されました。現在、オリンピック冬季競技大会では、男子1人乗りと2人乗り、女子1人乗りがあります。
この競技で使うソリは、座席にあたる強化プラスチック製のシャーレと呼ばれる部分、滑走面となるスチールの刃(シーネ)が付いた木製のクーヘと呼ばれる部分、この二つを結ぶ鉄製のブリッジで構成されています。ブレーキやハンドルはなく、シャーレの上で仰向けに寝て水平なフォームを保ちながら、足首で挟んだクーヘを押し込むことによって操縦します。


日本での競技の歴史

リュージュが日本に伝えられたのは、1963年頃とされています。
冬季オリンピックへの日本選手の参加は、1972年の第11回札幌大会からです。この大会では、男子2人乗りで荒井理選手、小林政敏選手が4位、女子1人乗りで大高優子選手が5位入賞を果たしました。

関連情報JOC年表オリンピックの歴史


Photo:AFLO SPORT




ページトップへ