競技紹介

HOME競技紹介フェンシング
フェンシング

競技の歴史

剣の歴史は古く青銅器時代まで遡ることができますが、フェンシングの原形は中世の騎士たちによる剣技にあるとされています。その後、火器の発達でフェンシングは戦闘の手段としては大幅に後退してしまいましたが、その繊細な剣のテクニックが多くの人に愛され、19世紀の末にはヨーロッパ各地で盛んに競技として行われるようになりました。といっても、競技方法やルール等がまちまちで、判定を巡って争い事が絶えなかったといわれています。

1914年6月、パリで開催されたIOC総会で統一的な「競技規則」が採用されたのです。これはオリンピック全種目(フルーレ、エペ、サーブル)に適用するために討議、検討された末、満場一致で可決されたもので、現在のFIE(国際フェンシング連盟)ルールの原典になっています。

また、競技の判定は肉眼で行われていましたが、1936年、まずエペ種目に電気審判器が導入され、その公正さが認められると、この競技の人口が急激に増加したと伝えられています。その後、他の2種目も電気化され、現在に至っています。


日本での競技の歴史

競技スポーツとしてのフェンシングが日本に伝わったのは昭和7年のことです。フランス留学から帰った故岩倉具清氏が持ち帰り、YMCAや慶應、法政の大学生に教えたのが始まりとされています。

1940年(昭和15年)のオリンピックが東京で開催される事になり、この競技は一躍、全国組織の本格的スポーツに変身。戦争のためにこのオリンピックは中止となったのですが、戦後、大学生の間で急速に広まり、関東、関西で大学リーグ戦が行われました。

日本のオリンピック参加は1952年第15回ヘルシンキ大会、1956年第16回メルボルン大会に視察員。そして1960年第17回ローマ大会に初の選手団を派遣しています。1964年(昭和39年)の第18回東京大会で、日本は男子フルーレ団体4位入賞の快挙を達成しました。オリンピックにはその後、毎回出場していますが、残念ながらこの記録は未だ破られていません。

過去の入賞者、メダル獲得については、「オリンピック歴代日本代表選手全記録」で検索できます。

関連情報JOC年表オリンピックの歴史


Photo:AFLO SPORT




ページトップへ