競技紹介

HOME競技紹介馬術
馬術

競技の歴史

人と馬との共同作業は、中国やエジプト、ペルシャといった多くの古代文明に遡ります。馬を用いた競技としては古代オリンピックに戦車競技(シャリオ・レース)がありました。

近代オリンピック第2回パリ大会で馬術はオリンピック競技になりましたが、その時の競技は障害飛越1競技のみでした。1921年に開催された国際会議の結果、オリンピックでは馬場馬術(ドレッサージュ)、障害飛越(ジャンピング)、総合馬術(イベンティング)の3競技で構成することが決められています。

馬術競技は唯一男女の差がまったくなく、動物と一緒に行う競技です。

2004年第28回アテネ大会の馬術競技のフォーマットは1900年の第2回パリ大会、1912年の第5回ストックホルム大会と非常によく似たフォーマットでした。


日本での競技の歴史

日本の組織として最初に創立されたのは「日本乗馬協会」で、1922年のことでした。またその前年の1921年に創設された国際馬術連盟に、日本はベルギー、デンマーク、アメリカ、フランス、イタリア、ノルウェー、スウェーデンとともに創設メンバーとして名前を連ねています。

我が国からの馬術競技におけるオリンピック参加は1928年の第9回アムステルダム大会で、1932年の第10回ロサンゼルス大会の大障害飛超競技では、西竹一選手がウラヌス号で金メダルを獲得したことは有名です。1946年には(社)全国馬術連盟として認可され、1948年には(社)日本馬術連盟と改称し、(財)日本体育協会に加盟しました。

国際馬術連盟への復帰は1951年のことで、1952年の第15回ヘルシンキ大会が、戦後初のオリンピック参加となりました。

過去の入賞者、メダル獲得については、「オリンピック歴代日本代表選手全記録」で検索できます。

関連情報JOC年表オリンピックの歴史


Photo:AFLO SPORT




ページトップへ