競技紹介

HOME競技紹介自転車
自転車

競技の歴史

自転車は18世紀末ごろに発明されたと言われています。当初は前後2つの車輪をつけたフレームにまたがり、足で地面を蹴って進むという遊び道具でした。1885年イギリス人J.K.スターレーが前後同じサイズの車輪のチェーンやギアを装備した自転車を考案し、現代へ継承されています。

オリンピックでの自転車競技は1896年の第1回アテネ大会から実施されています。女子競技は1984年の第23回ロサンゼルス大会で初めて行われました。1996年の第26回アトランタ大会からはプロ選手の出場が可能になり、同時にこれまでのロードレースとトラックレースに加え、マウンテンバイク(クロスカントリー)が新種目に採用。2000年の第27回シドニー大会からは、日本で発祥したケイリン(競輪)がトラックレースの種目として加わり、2008年の第29回北京大会からはBMXが実施されています。

2012年の第30回ロンドン大会では男女同数種目となり、女子のケイリンやチームスプリントなどが初めて実施されます。


日本での競技の歴史

日本に最初の自転車クラブができたのは、1886年(明治19年)、帝国大学(現・東京大学)の教員達が自らの運動を目的として設立した「自転車会」と言われています。その当時、自転車は大変高価なものでしたから、貴族や財閥がスポンサードしてプロの自転車選手を育成しました。

(財)日本自転車競技連盟の前身である日本サイクル競技連盟(後の日本アマチュア自転車競技連盟)は1934年(昭和9年)に設立されました。戦後、国際的なプロとアマチュア組織の分裂が起り、日本の団体も日本プロフェッショナル自転車競技連盟と、日本アマチュア自転車競技連盟に分かれました。その後プロ、アマの垣根が取り払われるようになり、自転車競技の国際組織(U.C.I)に1本化され、日本の2団体も1995年に(財)日本自転車競技連盟となりました。

オリンピックで初めて日本人選手が入賞を果したのは、1976年の第21回モントリオール大会で、長義和選手が男子スクラッチで6位、そして初めてのメダルは1984年第23回ロサンゼルス大会の男子スプリントで、坂本勉選手が獲得した銅メダルでした。

日本の自転車競技の歴史は、(財)日本自転車競技連盟のホームページ「自転車と自転車競技の歴史」で詳細がご覧いただけます。

過去の入賞者、メダル獲得については、「オリンピック歴代日本代表選手全記録」で検索できます。

関連情報JOC年表オリンピックの歴史


Photo:AFLO SPORT




ページトップへ