HOMEニュースフィギュア宇野、4回転5本も 演技後半に三つの超高難度

ニュース

フィギュア宇野、4回転5本も 演技後半に三つの超高難度

カテゴリ:その他競技情報
2017.07.30
フィギュア宇野、4回転5本も 演技後半に三つの超高難度
アイスショーで演技を披露する宇野昌磨=大阪市中央体育館(共同)

 フィギュアスケート男子で世界選手権2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が29日、大阪市中央体育館で行われたアイスショー「ザ・アイス」出演後に報道陣の取材に応じ、平昌冬季五輪がある新シーズンのフリーで三つの演技後半を含む4回転ジャンプ5本に挑戦する可能性を示唆した。
 当面は昨季と同じ本数の4回転4本だが、新たにルッツを冒頭に入れて5本にする構成にすることも「あわよくば。練習をしていこうと思う」と意欲をちらつかせた。
 この日は2季ぶりにフリーで使うオペラ「トゥーランドット」を滑り、4回転フリップ1本と4回転トーループ2本を全て後半に跳んで着氷した。(共同)





ページトップへ