HOMEニュース世界一へ、バド日本代表が会見 男女混合の団体戦

ニュース

世界一へ、バド日本代表が会見 男女混合の団体戦

カテゴリ:その他競技情報
2017.05.09
世界一へ、バド日本代表が会見 男女混合の団体戦
記者会見を終え、記念写真に納まる、(左から)松友美佐紀、高橋礼華、嘉村健士、園田啓悟=9日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(共同)

 男女混合の団体戦で争うバドミントンの国・地域別対抗戦、スディルマン杯(21〜28日・ゴールドコースト=オーストラリア)で初優勝を狙う日本代表が9日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見し、リオデジャネイロ五輪女子シングルス銅の奥原希望は「みんなが役割を果たせば、もう一ついい結果にいける」と、前回大会の準優勝を上回る成績を期した。
 男女単複、混合複の5試合で争われる。日本はリオ五輪女子複金の高橋礼華、松友美佐紀組や、男子複で昨年のスーパーシリーズ・ファイナル準優勝の園田啓悟、嘉村健士組を擁し、世界一が現実的な目標になっている。(共同)





ページトップへ