HOMEニュース柔道近藤、レスリング女子と練習 「体幹強かった」

ニュース

柔道近藤、レスリング女子と練習 「体幹強かった」

カテゴリ:その他競技情報
2017.04.10
柔道近藤、レスリング女子と練習 「体幹強かった」
合同練習で、レスリング女子の吉田沙保里(左)と組み合う柔道女子の近藤亜美=味の素ナショナルトレーニングセンター(共同)

 柔道の世界選手権(8〜9月・ブダペスト)女子日本代表が10日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでレスリングの日本女子との合同練習を報道陣に公開し、リオデジャネイロ五輪48キロ級3位の近藤亜美(三井住友海上)は「体幹が強く姿勢も外国勢と似ており、柔道に生きそう」と異種格闘技に触れた収穫を口にした。
 レスリングからは69キロ級の土性沙羅(東新住建)、63キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)のリオ五輪女王らが参加し、吉田沙保里(至学館大職)もコーチとして指導。柔道勢は約2時間にわたって投げ技などを学び、厳しい体力トレーニングも体験した。(共同)





ページトップへ