HOMEニュース白井健三、跳馬と鉄棒を制す 体操種目別W杯後半決勝

ニュース

白井健三、跳馬と鉄棒を制す 体操種目別W杯後半決勝

カテゴリ:その他競技情報
2017.02.25
白井健三、跳馬と鉄棒を制す 体操種目別W杯後半決勝
男子鉄棒で優勝した白井健三(中央)と3位の斉藤優佑(右)=メルボルン(ゲッティ=共同)

 【メルボルン共同】体操の種目別で争うワールドカップ(W杯)最終日は25日、メルボルンで後半種目の決勝が行われ、男子で昨年のリオデジャネイロ五輪団体総合金メダルメンバーの白井健三(日体大)が跳馬で14・916点、鉄棒で13・933点をマークして優勝し、前日の床運動と合わせて3冠に輝いた。平行棒では14・433点で2位だった。
 谷川航(順大)が跳馬で14・566点の3位、斉藤優佑(徳洲会)が鉄棒で13・333点の3位となった。(共同)





ページトップへ