HOMEニュースアスリートのセカンドキャリア支援「アスナビNEXT」:山口美咲さん(水泳・競泳)が採用第1号に

ニュース

アスリートのセカンドキャリア支援「アスナビNEXT」:山口美咲さん(水泳・競泳)が採用第1号に

カテゴリ:就職支援
2017.01.31
アスリートのセカンドキャリア支援「アスナビNEXT」:山口美咲さん(水泳・競泳)が採用第1号に
「アスナビNEXT」採用第1号となった山口美咲さん(写真:アフロスポーツ)
アスリートのセカンドキャリア支援「アスナビNEXT」:山口美咲さん(水泳・競泳)が採用第1号に
リオデジャネイロオリンピックでは4×100mリレーで8位に入賞した(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)が実施している、引退したトップアスリートのセカンドキャリア支援「アスナビNEXT(ネクスト)」を利用して、水泳・競泳の山口美咲さんが平成29年4月1日付けで株式会社星野リゾートに採用されることが決まりました。本制度を通じての採用内定は、山口さんが第1号となります。

 「アスナビNEXT」はJOCが現役アスリートを対象に行っている就職支援「アスナビ」の引退アスリート向けプログラムとして平成28年度よりスタートしたもので、現役を引退したアスリートが次のステージへスムーズに移行する為の支援をする制度です。

 オリンピック2大会に出場した山口さんは、北京オリンピックの4×200mリレーで7位、リオデジャネイロオリンピックの4×100mリレーで8位に入賞。リオデジャネイロオリンピック後に現役を引退しました。昨年11月から12月にかけてはアスナビNEXTが行ったインターンシッププログラムの第1号として、日本旅館「星のや東京」、株式会社自然回帰が運営する飲食店「Farm Kitchen 然」、三井住友銀行が「キッザニア東京」に出展している銀行パビリオンの3箇所でインターンシップを経験。「星のや東京」を経営する株式会社星野リゾートへの入社につながりました。


アスリートのセカンドキャリア支援「アスナビNEXT」:山口美咲さん(水泳・競泳)が採用第1号に
昨年はインターンシップで「星のや東京」での接客も体験(写真:アフロスポーツ)

 山口さんは今回の内定を受け、「人を笑顔にする職業に就きたいと以前から考えており、インターンシップ等で星野リゾートを知れば知るほど、アスリートの時と同じように世界と戦える、自分を成長させてもらえる『場』であると感じました。アスリートとして培ってきた体力、忍耐、協調性、挑戦する心を存分に発揮し一人でも多くの方を笑顔に出来るよう努めたいと思います」とコメント。次のステージへ向けて新たな思いを語りました。

 「アスナビNEXT」では主な施策として、「キャリア意識調査」「キャリアデザインセミナー」「独立開業セミナー」「キャリアカウンセリング」等を実施。これらを通じ、引退後の自分をイメージできていないアスリートに対し、現役のうちからキャリアデザイン力(将来を構想する力)を高め、準備すること、一方次のステージにおいて、それまでのスポーツを通じた経験等から培われた様々な能力を存分に発揮できるよう支援していきます。





ページトップへ