HOMEニュースバスケ女子代表新監督の就任発表 ホーバス氏、20年五輪へ

ニュース

バスケ女子代表新監督の就任発表 ホーバス氏、20年五輪へ

カテゴリ:その他競技情報
2017.01.23
バスケ女子代表新監督の就任発表 ホーバス氏、20年五輪へ
バスケ女子日本代表新監督に就任するトム・ホーバス氏(左)と内海知秀監督=23日、東京都千代田区(共同)

 日本バスケットボール協会は23日、東京都内で記者会見を開き、2020年東京五輪でメダルを狙う女子日本代表の監督に、WリーグのJX―ENEOS監督で米国出身のトム・ホーバス氏(49)が4月1日付で就任すると発表した。今季のリーグ終了後に代表専任となり、内海知秀監督(58)は3月末で退任する。
 ホーバス氏は米プロNBAや男子日本リーグなどでプレーし、引退後は日本、米国で指導経験を積んだ。記者会見で「チームの目標はメダル。個人的には決勝で米国と対戦し、金メダルを取ること」と抱負を述べた。(共同)





ページトップへ