HOMEニュースバド山口茜、地元・福井で報告会 来年の抱負語る

ニュース

バド山口茜、地元・福井で報告会 来年の抱負語る

カテゴリ:その他競技情報
2016.12.26
バド山口茜、地元・福井で報告会 来年の抱負語る
出身の福井県勝山市で開かれたシーズン報告会の記者会見で、抱負を語るバドミントン女子の山口茜=26日(共同)

 リオデジャネイロ五輪のバドミントン女子シングルスで8強入りした山口茜(再春館製薬所)が26日、出身の福井県勝山市で開かれたシーズン報告会の記者会見で「来年は国際大会でコンスタントに上位に入るような選手になりたい」と抱負を語った。
 ことし福井・勝山高を卒業し、再春館製薬所に入社。社会人としてプレーすることについて「気分が上がらなくてもラリーを諦めるわけにはいかないという自覚を持てた」と振り返った。
 報告会では約200人の市民らに五輪で応援してくれたことに感謝した後、「負けた後に泣いてしまった」と照れながら話した。(共同)





ページトップへ