HOMEニュース体操、村上茉愛が2種目で優勝 豊田国際最終日

ニュース

体操、村上茉愛が2種目で優勝 豊田国際最終日

カテゴリ:その他競技情報
2016.12.11
体操、村上茉愛が2種目で優勝 豊田国際最終日
平均台で優勝した村上茉愛=豊田市総合体育館(共同)

 種目別で争う体操の豊田国際競技会最終日は11日、愛知県豊田市総合体育館で行われ、女子はリオデジャネイロ五輪代表の村上茉愛(日体大)が平均台で14・566点、床運動で14・933点を出し、2種目で優勝した。
 男子の跳馬はリオ五輪銅メダルの白井健三(日体大)が15・162点で勝ち、10日の床運動との2冠に輝いた。平行棒は山室光史(コナミスポーツ)が15・600点で制した。(共同)





ページトップへ