HOMEニュースソフト宇津木監督「金メダルを」 東京五輪へ抱負

ニュース

ソフト宇津木監督「金メダルを」 東京五輪へ抱負

カテゴリ:その他競技情報
2016.11.21
ソフト宇津木監督「金メダルを」 東京五輪へ抱負
三宅豊選手強化本部長(左)と握手するソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督=21日午後、東京都渋谷区(共同)

 2020年東京五輪のソフトボール女子日本代表監督に就任した宇津木麗華監督(53)が21日、東京都内で記者会見し「選手、指導者として積み上げてきた全てを懸けて戦っていく。金メダルを取る」と抱負を語った。
 中国出身の宇津木監督は1995年に日本国籍を取得し、選手として00年シドニー、04年アテネ両五輪に出場。11〜15年には代表監督を務め、世界選手権2連覇などに導いた実績を持ち、現在も日本リーグ女子の強豪、ビックカメラ高崎を率いる。
 ソフトボールは日本が初の金メダルに輝いた08年北京五輪以来の五輪復帰となる。(共同)





ページトップへ