HOMEニュース伊調が「金」、五輪初の4連覇 レスリング3階級V、第13日

ニュース

伊調が「金」、五輪初の4連覇 レスリング3階級V、第13日

カテゴリ:オリンピック
2016.08.18
伊調が「金」、五輪初の4連覇 レスリング3階級V、第13日
レスリング女子で日本勢が3階級を制覇し、金メダルを手に笑顔を見せる(左から)69キロ級の土性沙羅、58キロ級の伊調馨、48キロ級の登坂絵莉=リオデジャネイロ(共同)
伊調が「金」、五輪初の4連覇 レスリング3階級V、第13日
女子58キロ級で優勝し五輪4連覇を達成、表彰式で金メダルを手に笑顔を見せる伊調馨=リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪第13日の17日、レスリング女子の58キロ級決勝で伊調馨(32)=ALSOK=がロシア選手を下し、女子個人種目では全競技を通じて五輪史上初の4連覇を達成した。
 48キロ級決勝は世界選手権3連覇中で五輪初出場の登坂絵莉(22)=東新住建=が前回ロンドン五輪銀メダルのアゼルバイジャン選手を破って優勝した。69キロ級決勝では同じく初出場の土性沙羅(21)=至学館大=が前回五輪72キロ級金のロシア選手を倒し、日本勢が4階級から6階級に増えた女子の最初の3階級を制した。
 卓球の男子団体決勝で日本は中国に1―3で敗れた。





ページトップへ