HOMEニュースのべ6,668名が参加!2009オリンピックデーラン大阪大会

ニュース

のべ6,668名が参加!2009オリンピックデーラン大阪大会

カテゴリ:お知らせ
2009.06.08

日本オリンピック委員会(JOC)は、6月7日、大阪市長居球技場ほか長居公園内において、「2009オリンピックデーラン大阪大会」を開催した。

オリンピックデーランは、6月23日のオリンピックデーを記念し、オリンピックムーブメントの高揚のため1987年より毎年実施しているJOCのイベントのひとつ。23年目を迎える今年度は、オリンピックに出場した経験のあるオリンピアンと一般市民が一緒にジョギングなどを楽しみ、オリンピックを身近に感じていただけるようなプログラムを“ふれあい”をテーマに実施している。

今年度最初の開催となった大阪大会では、オリンピックデーラン(ジョギング1.5km、5km)をはじめ、JOCチャレンジ体力テスト、サッカーゲーム、ピッチングゲーム、障害者のスポーツ体験ひろばのほか、参加オリンピアンによるサイン会などが行われた。参加したのべ6,668名の来場者は、参加オリンピアンと一緒にジョギングするなどして、ふれあいを楽しんでいた。大阪大会の詳細は、下記の通り。


のべ6,668名が参加!2009オリンピックデーラン大阪大会
デーランには2,500名が参加し、オリンピアンとともに汗を流した
のべ6,668名が参加!2009オリンピックデーラン大阪大会
オリンピアンと触れ合えるオリンピアントークショー

<2009オリンピックデーラン大阪大会 実施概要報告>
■実施日 2009年6月7日(日)
■実施場所 大阪市長居球技場ほか長居公園内
■天候 曇りのち晴れ(気温=21.8〜24.5℃)
■参加種目 オリンピックデーラン(ジョギング1.5km、5km)、JOCチャレンジ体力テスト、サッカーゲーム、ピッチングゲーム、障害者のスポーツ体験ひろば、PRブース、サイン会
■参加者数 のべ6,668名(オリンピックデーラン:2,500名、JOCチャレンジ体力テスト:670名、サッカーゲーム:344名、ピッチングゲーム:413名、障害者のスポーツ体験ひろば:1,600名、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会PRブース:1,141名)


■参加オリンピックデーラン・アンバサダー(3名) 
荻原次晴(スキー・ノルディック複合)、大林素子(バレーボール)、黒木知宏(野球)
■参加オリンピアン(4名)
早田卓次(体操)、朝原宣治(陸上競技)、宮下純一(水泳)、越川優(バレーボール)
■参加パラリンピアン(1名)
大前千代子(アーチェリー、テニス)





ページトップへ