HOMEニュースリオ五輪日本の公式ウエア発表 赤基調に桜のデザイン

ニュース

リオ五輪日本の公式ウエア発表 赤基調に桜のデザイン

カテゴリ:オリンピック
2016.05.26
リオ五輪日本の公式ウエア発表 赤基調に桜のデザイン
リオ五輪・パラリンピックの日本代表選手団公式スポーツウエアを着てポーズをとる、体操の加藤凌平選手(中央左)、レスリングの吉田沙保里選手(同右)ら=26日午後、東京都千代田区(共同)

 リオデジャネイロ五輪・パラリンピックの日本選手団公式スポーツウエアが26日、東京都内で発表され、表彰式でも着用するトレーニングジャケットは赤色を基調とし、肩口に桜の花をデザインした。今大会はアシックスが独占的にスポーツウエアを提供する。
 環境に配慮して植物由来成分を含むポリエステル素材を採用したほか、リオの気温と湿度に対応し、通気性に配慮した。トレーニングジャケットを着たレスリング女子の吉田沙保里選手は「脇の通気性が良くて過ごしやすいと思う。桜は日本らしくて最高。(リオを)桜で満開にしたい」と気に入った様子だった。(共同)





ページトップへ