HOMEニュース室伏、リオ五輪「調子が整えば」 代表選考会への態度保留

ニュース

室伏、リオ五輪「調子が整えば」 代表選考会への態度保留

カテゴリ:オリンピック
2016.01.05
室伏、リオ五輪「調子が整えば」 代表選考会への態度保留
室伏広治(共同)

 陸上男子ハンマー投げの2004年アテネ五輪金、12年ロンドン五輪銅メダリストで41歳の室伏広治(ミズノ)は5日、リオデジャネイロ五輪の代表選考会となる6月の日本選手権について「調子が整えば出るというスタンスになる」と述べ、態度を保留した。昨年は大会に出場しておらず、五輪に挑戦するかどうかの結論を当初は年明けに表明するとしていた。
 自身の去就については「体は健康だし、頑張れるところまではチャレンジしようという気持ちは持っておきたい」と話し、事実上第一線から退くことになっても「引退」を宣言することはないとの姿勢も強調した。(共同)





ページトップへ